スマホゲー「FF15:新たなる王国」がクソゲーな理由【黒歴史】

昨日、スマートフォン向けアプリ『ファイナルファンタジーXV:新たなる王国』の配信が開始された。早速プレイしてみたが酷い内容だったのでレビュー。

スポンサーリンク
レクダングル(大)

どんなゲーム?

「ファイナルファンタジーXV:新たなる王国」はMachine Zone開発のストラテジーMMO

FINAL FANTASY XV』シリーズ初のスマホ向けMMOということから関心も高く、事前登録者数も10万人を突破していた。

開発元について

開発元のMachine Zoneは「ゲーム・オブ・ウォー」「モバイルストライク」で知られる会社。

両方共世界で大ヒットしており、2016年は各々900億円を超える利益を叩き出している。

なお配信元であるEpic Action LLCはモバスト用の新スタジオEpic War LLCと同様の方式でFF15の開発・運営用の新スタジオだと思われる。

感想

プレイしたが開始3分でプレイを止めた。理由は「ゲーム・オブ・ウォー」「モバイルストライク」と全く同じゲーム内容だったからである。

「ゲーム・オブ・ウォー」と「モバイルストライク」のゲーム内容が全く同じということは有名な話である。本作も同様に見た目、ガワをFFXVに変えただけのコピー作品でしかない。というかストラテジーMMOというジャンルはPlarium開発の「ヴァイキング クランの戦争」もそうだったが基本的に同じ内容になる。

コピー自体はともかく本作品がFFXVである必要性が全くない。ノクトの口調は違和感だらけだし、王国同士で争う理由や扱える兵舎ユニットも世界観がおかしい。

FFXVは映画、アニメ、ミニゲーム等多方面に展開しているがどれも良質な作品だった。本作はコラボ史上最も低品質な作品だと思う。

ストラテジー初心者にはおすすめ?

ゲーム内容は淡々とクエストをクリアし王国を発展、自軍を強化し他国を侵略する一般的なストラテジーMMO。初めてこのジャンルをプレイする人には楽しめるかもしれない。実際FFという有名IPを使って新規層から金を毟り取ろうという魂胆も窺える。

下手に「モバイルストライク」「ゲーム・オブ・ウォー」やるよりは本作に時間を注いだほうが良い気はする。しかし本作の本質は他人より優位に立ちたい心理を利用したベタなソーシャルゲームである。

特に開始早々に期間限定セールを何度もポップアップ表示させ、時間的プレッシャーを与える手法は行動心理学的には正しいだろうが非常に悪質である。

この手のソーシャルゲームには本来ゲームで得られる感動・物語・体験は存在しない。時間とお金を無駄にする覚悟があればプレイをお勧めしたい。


関連:課金ゲームの問題点

クラロワで考えるPay to Winゲームの問題点と課金者の心理
先日スマホ向けアプリ『みんゴル』について記事をまとめた。改めてPay to Winゲームの問題点について考えてみたい。 Pay t...
スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする