新宿マルイ「ゴジラ・ストア」に行った感想【待ち時間・混雑度は?】

10月30日に新宿マルイアネックス1Fにオープンした「ゴジラ・ストアTokyo」に早速行ってきたのでフォトレポート。

スポンサーリンク

ゴジラ・ストアとは?

「ゴジラ・ストアTokyo」は世界初となる「ゴジラ」シリーズの公式グッズ販売店。期間限定ショップではなく、常設店であることも大きな特徴。

店内にはゴジラとコラボした雑貨・文房具・フィギュア・衣類など500種類以上のグッズが用意されている。

通販サイト「ゴジラ・ストア」には取扱の無い店舗限定商品がも存在し、人気の限定ソフビはお一人様1つまでとなっている。

レポート

行ったのはオープン2日目の10月31日。

開店前の10:55に到着。マルイの入り口前にはこのような案内が用意されている。

駐車場側の階段入口に回ると階段に並ぶように案内の張り紙を発見。

11時到着で開店待ちは25人ほど。店内には5人ずつ順番に案内される。

待機時間は20分ほど。商品購入用のバッグを渡されて店内へ。店内は人数が少なくて歩きやすい。

「ゴジラ・ストアTokyo」限定商品の棚。田島光二氏アートのクリアファイル・ポストカードが良い感じ。

世界最速発売の「ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 ゴジラ・ストア限定ver.」

各種クリアファイル。

外人にも人気がありそうな風呂敷、シール、ストラップ等。

スノードームと限定タンブラー。

スマホケース、おちょこ、クリアファイル等。

アクリルストラップ、干支にちなんだゴールドカード。

サンリオコラボのスマホケース、Tシャツ、ランチトート。

外人受けが良さそうな浮世絵柄のグッズ。絵柄は3種類存在。

ケースに展示されている『シン・ゴジラ』第二形態、第三形態のフィギュア。

大量のTシャツ。

ボクサーパンツもあり。

目玉商品の一つであるスカジャン。価格は3万円以上なので注意。

お菓子。

レジ前にはアイマスクや缶バッジ。

レジ横のケースにはコラボウォッチ、オルゴール、がま口財布、ペーパーウェイトなどの高額商品。

ちなみに壁に置かれているフィギュア類も購入可能。

店舗外にはガチャガチャ。これらは入店しなくても購入可能。

マルイ外からの見た目はこんな感じ。スカジャンが格好良い。

混雑度

オープン2日目ということもあり、比較的混んでいた。それでも入店まで20分ほどといったところ。土日はより混雑が予想される。

しかし、オープン直後でこの状況なので普段はあまり混雑しないだろう。Twitter情報でも31日の昼頃は待ち時間なしで入れた様子。週末に伸びたとしても1時間待ち程度だろう。

確実に入店したい場合は開店前に並ぶのがベスト。最新情報は公式Twitterの案内を確認すると良い。

感想

オープン2日目ということもあり、客層は話題性で来ていた一般客とコアなファンで2分されていた。スカジャンを複数買っていた前の客の会計は11万円を超えていて驚いた。

ショップとしての印象はとにかくグッズ数が多い。一通り商品を確認するだけでも時間が掛かる。商品は「シン・ゴジラ」関連がほとんどを占めている。話題性があり、資料数も多いため商品化しやすいのだと思う。

個人的なお勧めはやはり田島光二氏のアート商品。絵の魅力も勿論だがショップがあるマルイをゴジラが壊している様子が良い。クリアファイル・ポストカード以外の商品も増やして欲しいところ。

オープン記念で一定金額以上購入でショッパーやポスターが貰えるキャンペーンも行われている。各限定商品も狙い目。

新宿といえば「TOHOシネマズ新宿」のゴジラも有名でゴジラ好きには聖地になりつつある。今後オリンピック需要で増加が見込める外国人観光客にとっても人気スポットになると思う。興味を持った方は是非一度訪れて欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)