【スマブラSP】Switch用GCコン接続タップを定価で買う方法

12月7日にようやく発売したSwitch向けソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(スマブラSP)』。GCコン難民が多数発生している様子なので定価での入手法をまとめる。

スポンサーリンク

接続タップについて

『スマブラSP』で使える「ニンテンドー ゲームキューブ コントローラ接続タップ」は2018年11月16日に先行して発売。定価2,500円+税だがAmazonでは12月8日現在6,000円を超える価格で転売されており、入荷予定も未定となっている。なおWii U向けに販売された「Wii U用ゲームキューブコントローラ接続タップ」をSwitchでも利用可能。詳細は下記記事を参照して欲しい。

E3で参戦キャラなど詳細が説明された最新作『スマブラSPECIAL』。シリーズファンが愛用するゲームキューブコントローラーに対応することも発...

GCコンが必要な理由

『スマブラSP』で使えるコントローラーは下記の3種類。

  • Joy-Con
  • Proコン
  • GCコン

この中でスマブラSPに最も適しているのは「GCコン」である。理由は下記の3点。

操作性

2001年に発売された「ニンテンドーゲームキューブ」。そのコントローラーが未だに『スマブラ』で使われ続けているのはその使いやすさに他ならない。独特なボタン・スティック配置は人間工学に基づいており、格闘ゲームにおいては抜群の性能を発揮する。海外大会でもGCコンが使われ続けていることが操作性の高さを証明している。一度操作に慣れてしまうとJoyコン、Proコンには戻れなくなること間違いなしだ。

遅延なし

格闘ゲームにおける生命線でもある「入力遅延」はGCコンにおいては発生し得ない。接続タップはUSBケーブルで有線接続されるのに対してJoy-Con、Proコンは無線接続。ProコンではUSBケーブルで充電しながら遊ぶことも可能だが、それでも入力遅延は発生してしまう。無線で遊べる手軽さを取るかはカジュアル勢、ガチ勢を分かつ大きなポイントだと言えよう。

価格

現在は転売価格となっているが価格面でのメリットも大きい。GCコン接続タップの定価は2,500円+税。ゲームキューブ用コントローラーも定価2,000円+税だがブックオフ等で売られている中古GCコンにも当然対応。複数揃える場合も接続タップが最もコスパに優れている。

そもそもSwitchは無線コンを最大8つまでしか接続できず、Joy-Conの両手持ちは2つ換算なため8人対戦を行いたい場合は必須とも言える。

他ゲーでも使用可

Switchに接続タップを刺した際は「USBコントローラー」として認識されるためジャイロ入力を必要としない他のゲームでも利用可能。多人数プレイが盛り上がる「いっしょにチョキッとスニッパーズ」でも使用可能なことを確認した。『スマブラ』専用ではなく再活用手段があることも嬉しいポイント。

定価で入手する方法

ようやく本題となるがGCコンと同等の体験を得る方法は下記の通り。

互換品の購入

最もオススメしたいのが純正品ではなく互換製品を購入すること。接続タップ自体の仕組みは簡単なため任天堂純正品以外にも数多くの互換品がネット上では販売されている。

上記の商品は12/8時点でも純正品の定価以下で販売されており振動機能と連射機能まで対応。価格も安いので純正品の再入荷をストレスを抱えつつ待つより「ダメ元」で購入したほうが良いと思う。Amazonには他にも多数の互換品が出品されているので評価を見つつ検討して欲しい。

Horiコン

それでも非正規品は心配…という方には任天堂ライセンス商品である「ホリクラシックコントローラー for Nintendo Switch」がオススメ。

USB接続可能でGCコンと同等な操作感が得られる上にゼルダ・ピカチュウ・マリオをモチーフにしたカラーバリエーションも豊富。定価入手もしやすい。注意点としては1つのコントローラーにつきUSBポート1つを使用すること。ハブを使わない場合は最大3つまでしか接続ができない。ソロプレイの場合はこれで十分だろう。

再入荷待ち

記事タイトルに反する形だが純正品の再入荷待ちも候補の一つ。今回は価格は高騰しているが入手が絶望的だった「Wii U用接続タップ」の時ほどではない。近くの家電量販店を探し回れば見つかる可能性は高く、再生産もまず行われている。Proコンを一時しのぎとして活用しつつ入荷待ちするのも一つの手だろう。

Proコン

一時しのぎとしてはProコン利用もアリ。Amazonレビューを見れば分かる通り価格の高さに反して評価は低い。『スプラトゥーン2』などジャイロ操作を必要とする他のゲームでの利用も見越した上なら購入するのも候補だと思う。今後の公式大会時もProコンが利用される可能性も否定できない。

感想

基本的には互換品、Horiコンの利用を推奨したい。ネット対戦ガチ勢は合わせて有線LANケーブルを購入すると良いだろう。ラグなし、コントローラー環境が整ってようやくスタートラインの『スマブラSP』。ゲーム自体は素晴らしい出来なのでコントローラー環境にもこだわってプレイし倒して欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)