Switchはハード末期状態?移植、自社タイトルだらけの理由

9月14日、北海道地震の影響で延期されていた「Nintendo Direct 2018.9.14」が放送された。3DS, Switch向けの新作が発表される内容だったが正直期待外れだったので理由をまとめる。

スポンサーリンク

発表タイトル

映像で紹介されたタイトルは下記の通り。分かりやすく移植作品を赤字、マルチ作品を青字で表記する。

3DS

  • 毛糸のカービィ プラス
  • マリオ&ルイージRPG3 DX
  • モバイルボール
  • ルイージマンション
  • ペルソナQ2

Switch

  • ルイージマンション3
  • GO VACATION
  • ロックマン11
  • ビリオンロード
  • カプコン ベルトアクション コレクション
  • New スーパーマリオブラザーズ U DX
  • 塊魂 アンコール
  • Tangledeep
  • Nidhogg 2
  • Downwell
  • Muse Dash
  • イップとオップ
  • アサクリオデッセイ(クラウドver)
  • ポケモン ピカブイ
  • Diablo3
  • スーパー マリオパーティ
  • TOWN
  • シティーズ:スカイライン
  • DAEMON X MACHINA
  • ヨッシークラフトワールド
  • UNDERTALE
  • すばらしきこのせかい
  • 戦場のヴァルキュリア4
  • 無双OROCHI3
  • ドラゴンボール ファイターズ
  • FFCC
  • チョコボの不思議なダンジョン EVERYBODY
  • FF12
  • FF7
  • FF9
  • FFX, X-2
  • スマブラ
  • どうぶつの森

タイトル不足

上記を見て分かる通りSwitchは深刻なタイトル不足となっており、今回紹介されたタイトルから移植・マルチ展開作品を除くと下記の通り。

  • 3DS
    •  モバイルボール
    • ペルソナQ2
  • Switch
    • ルイージマンション3
    • ビリオンロード
    • ポケモン ピカブイ
    • スーパー マリオパーティ
    • TOWN
    • DAEMON X MACHINA
    • ヨッシークラフトワールド
    • スマブラ
    • どうぶつの森

ソフト不足の理由

発売から既に7年が経過した3DSのタイトル不足は仕方ないとして、発売から僅か1年半のSwitchのタイトル不足は深刻と言わざるを得ない。なぜSwitchから発売されるソフトが少ないのか。理由を考察してみる。

売れない

2010年9月に行われた「任天堂カンファレンス2010」の社長講演で任天堂自ら触れていたのが「任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかり」という課題。この現状はSwitch発売後も概ね変化していないように感じる。紹介されたソフトからサードタイトルに絞ると3DSは『ペルソナQ2』、Switchからは『ビリオンロード』『DAEMON X MACHINA』のみ。今後、大きな売上が期待されるのは『スマブラ』『どうぶつの森』だけと言える。相変わらず任天堂ハードでは任天堂ソフトが売れる現状は変化していない。

例外も存在する。7月にスクエニから発売された完全新作RPG『オクトパストラベラー』は全世界売上100万本を突破。インディーズの売上も他ハードの郡を抜いている。2Dやローポリで負荷が少なく携帯ハードと相性が良いソフトは売れる傾向にあり、Wii・3DS時の露骨な格差からは脱却してると言えよう。

ハード性能

Switchから新作が出にくいもう一つ理由が低すぎるハード性能。Switchの描画能力を示すGPU性能は据え置きモード時で393GFLOPS、PS4の1.84TFLOPSの4分の1以下である。ハード性能の低さは当然ながら開発者負担に繋がり、発売延期、開発費高騰の原因にもなっている。2011年にPS3向けに発売された『ダークソウル』でさえ移植に手間取った経緯を考えると、PS4向け作品を気軽に移植できる状態ではない。昨年PS4向けに発売された『ドラゴンクエスト11』のSwitch版もその後音沙汰が全く無い状況だ。

昨今のゲームはオープンワールドが主流となっており、今後発売する『Assasin’s Creed ODYSSEY』『Red Dead Redemption 2』『Fallout 76』『Anthem』等はいずれもオープンワールド作品となっている。Switchはハード性能的にそもそも作品が移植不可能であり、各社は苦肉の策としてクラウド版を提供している状態。携帯モードが売りであるSwitchとクラウド版の相性は悪く、ハードスペックによって開発側に負担が掛かっている状態だ。

感想

爆発的に売れるであろう『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『どうぶつの森』には期待しているが、『オクトパストラベラー』のような魅力的なサードタイトルの発表が無かったことはゲーマーとして寂しい。また、サービス開始が間近となった「Nintendo Switch Online」も提供されるのがファミコンタイトルのみで肩透かしといったところ。月額200円という安さを考えれば仕方ないが、せめてSFCタイトルも追加して欲しかった。月額500円でフルプライスゲームを楽しめるPSプラスと比べるとショボさが目立つ。

現状は任天堂タイトル専用機となってしまっているNintendo Switch。今後、『オクトパストラベラー』のような魅力的なサードタイトルが発表されることに期待したい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)