『激突!ハニワールド』攻略法・感想:スタミナ回復が煩わしいP2W

本日、大宮ソフトから『激突!ハニワールド』の配信が開始された。感想と攻略法を述べる。

スポンサーリンク

どんなゲーム?

激突!ハニワールド』は『にゃんこ大戦争』『メタルスラッグディフェンス』のようなラインディフェンスゲーム。

プレイヤーはハニワドグーのユニットを駆使して敵ユニットを倒し、相手プレイヤーのHPを0にすることを目指す。

PvP要素があり、リアルタイムでのオンライン対戦を楽しめる。

ちなみに開発元の大宮ソフトは人気カードゲーム『カルドセプト』シリーズを開発していることで知られる会社。

感想

典型的なP2Wゲームという感じだった。しかもオンライン対戦回りに問題があり過ぎる。

スタミナ制

致命的なのはゲームとしてであるオンライン対戦がスタミナ制であること。同様にリアルタイムPvPを楽しめる『クラロワ』では報酬が得られなくなっても何度でもオンライン対戦をしてランクを上下させる事ができた。

しかし本作はスタミナ制のため連続してオンライン対戦を行うことが出来ない。しかもスタミナ回復までの期間が長い。(1回戦闘するために30分以上

スタミナ無しの状態ではオフライン用に用意されてるクエストが2-5までしか無いためすることが無い。継続して遊ばせることが重要なアプリの仕様として問題がある。

勝利報酬制

本作はオンライン対戦の勝利時に報酬(Gp&経験値)が得られる。通常のオンラインゲームならば問題無いのだが本作はスタミナ制&P2W要素が存在する。

これが何を意味するかというと課金してカード強化した人間は「勝つ→報酬を得る→強くなる→…」のループが発生するため、課金額勝ち負けによる差がひたすら開いてしまう。これはスタートダッシュによる差も同様でその差は課金でしか埋めることが出来ない。

これは新規層のやる気を著しく削ぐ大問題な仕様だと思う。それに30分待ってようやくオンライン対戦できても負けたら報酬0というのもストレスが大きい。

ゲーム自体の出来

ゲーム自体の出来は悪くないと思う。かといって正直良くも無い。ありがちなラインディフェンスゲーという感じ。オンライン対戦要素が無かったらやらないクオリティ。それ以前に上記仕様が勿体無くて話にならない。

あとUIがさすがにダサすぎるのでデザイナー雇うなり何とかして欲しい。

攻略法

基本的には公式ページの「ハニマスター道場」が参考になる。今回は重要となる3つのカードを紹介する。

ハニーアーチャー

本作ではを攻める際にプレイヤーが迎撃してくるのだが、ハニーアーチャーはこの迎撃範囲外から砦を一方的に攻撃することが出来る。

また、ドグ巨人に対して遠くから攻撃可能だったり飛行ユニットに攻撃可能等とにかく万能なのがハニーアーチャーである。

無論打たれ弱い特徴があるのでドグ巨人やドウタクのを使って守りつつ遠隔攻撃するようにしたい。

同様に遠隔攻撃可能なキャラとしてはハニ巫女もある。こうした射撃キャラを使いこなすことが本作で最重要といえる。

地の剣

もう一つ重要なのは範囲魔法「地の剣」を使うタイミング。相手が集中攻撃をかけようとユニットを大量投入してきたところでまとめてダメージを与えよう。タイミング次第で一気に形勢逆転することが出来る。

逆に相手が使ってくるのを予想して低HPユニットをまとめて投入しないようにしよう。ドグ巨人など一撃では倒されない高HPユニットを活用し、ハニーアーチャーなど距離を取れるユニットをうまく使いたい。

ドウタク

本作では国境という概念が存在し、自軍のユニットが一定距離進むことでマナの増加スピードがアップする。

このマナスピードの差はユニットの生産スピードに直結するため、なるべく国境確保をした状態で戦うことが有利に戦いを進めるコツとなる。

この国境確保の際に役立つのがドウタクである。このユニットは国境位置で停止しそれ以上進行しない。国境を守るとしての役割を担ってくれる。しかも受けたダメージは回復するためアーチャーなどと上手く組み合わせると非常に強い。上手く活用したい。

今後の調整に期待

現状はサーバー負荷の問題もあるかもしれないがスタミナ制に問題があり過ぎる。スタミナ制のまま行くなら報酬を負けた場合でも一定量出す仕様にして欲しい。スタミナ回復まで待ってオンライン対戦の時間をアプリに割いてくれたプレイヤーへの感謝が必要だと思う。

ユニットの種類も現状は少ない。というか戦術の幅が狭い。似たユニットも多いし飛行ユニットも現状殆ど活躍していない。

課金優遇の仕様はもうちょっと緩めて良いと思う。現状のショップ状況だと無課金プレイヤーは5連レアパックを目指すと思うが対戦で勝てない限りお金が貯まらないのが厳しい。

あと期待されるのはクラロワ同様ギルド機能の実装だろう。現状オンライン人口が少ない。その黎明期感も楽しいのだが寂しさが勝る。オンラインも同じ人ばかりでマッチングしないこともある。

非常に勿体無い部分が多いがオンライン対戦自体はそこそこ楽しめるので興味があればプレイしてみて欲しい。

ゲーム:激突!ハニワールド
ゲームジャンル ソーシャル
機種 Android
配信日 2017年7月20日
開発元 大宮ソフト
スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)

コメント

  1. 匿名 より:

    スタミナ制限は改良されましたよ。
    このページも改良しましょうよ。