【モンハン】上位 古龍の痕跡集め:最高効率は?リタマラルート紹介

絶賛攻略中の神ゲー『モンスターハンターワールド』。唯一の汚点とも言える「痕跡集め」の古龍版攻略記事をまとめてみる。

スポンサーリンク

概要

上位ネルギガンテ戦を追えると「レイア」「ネルギガンテ」に続く痕跡集め「3頭の古流の痕跡調査」がタスクとして表示される。各調査団の人と話した後は「古代樹の森」「大蟻塚の荒地」「瘴気の谷」の3ヶ所で痕跡を探すように指示される。

例によって上位で探索やフリークエストで痕跡を集めて調査を進める。研究ポイントは「上位クエスト」クリア時も溜まるので、無理に痕跡を集めなくても一応進められる。

攻略法

研究者&導蟲反応距離アップ

前回・前々回記事でも触れたが上位で解放される頭装備「ハンターヘルムα」を付けると「導蟲反応距離UP」と「研究者」スキルが発動する。導蟲が光って反応する距離が伸びることで「痕跡」が見つかりやすくなり、「研究者」があるとリザルト時に貰える研究ポイントが増加する。体感では近く違う気がする。

必要な素材も「ジャグラス」を倒すだけで手に入るので探索して痕跡を集める場合は必ず作って装備しよう。

痕跡の場所

各痕跡の場所は上記Twitter情報を参考にさせて貰った。出現場所はパターン化されており番号は概ね決まっている模様。見つからない場合は無理に時間を掛けるよりもリタイア→再探索した方が早い。

導蟲は立ち止まると飛んでいって反応するので闇雲に歩き続けず、止まる → 青い導蟲が飛ばないか確認を繰り返すと良い。

スポンサーリンク
古代樹の森

1番:段差を少し上った場所に爪痕(途中通る場所に足跡のケースも確認)

4番:海岸方面途中の岩の近くに爪痕(見つからないケースも確認)

11番:4~5番間の道に足跡2つ

5番:3対のガジャブーの近くに羽毛

大蟻塚の荒地

15番キャンプ → 13番 → 東側出口を経由し地上の8番へ(15番キャンプがまだ無い場合は11 → 7 → 6 → 8)

8番:6番に向かう途中に足跡2つ(中心と6番間で体毛2つのケースも確認)

6番:足跡合計4つ

7番:足跡1つ(見つからないケースも確認)

瘴気の谷

11番キャンプから開始

10番:降りてすぐ足跡2つ

12番:肉片1つ

14番:足跡2つ

感想

3度目にして量は3倍という鬼畜仕様には度肝を抜かれたが「ハンターヘルムα」という超有能防具を今回初めて使ったので、ストレスも少なく終えることが出来た。いい加減痕跡集めは懲り懲りだが場所がわかっていれば探索自体は淡々と進められる。元々は上位クエストをクリアして地道に調査ポイントを増やそうと考えていたが、実際にやってみると時間が掛かる上にマルチだと3乙するケースも有って効率が予想以上に悪い。これなら気合を入れて痕跡調査した方が楽だと思い、同じ考えの方向けに記事をまとめてみた。

『モンスターハンターワールド』の思い出として語り継がれるであろう「痕跡集め」。大勢のユーザーが同じ苦労をしてHRを上げていると考えると何とも感慨深い。単なる討伐クエストでは救難信号次第で高ランクの味方のお陰で味気なく終わるケースも存在する。その点では誰もが同じ苦労を味わえる「痕跡集め」もゲーム的には良いスパイスになっているのかもしれない。そう信じたい。

以上、攻略情報を参考に皆様もストーリー進行・HR上げを頑張って欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)