劇場版ポケモン『キミにきめた!』感想:初代世代は感動間違いなしの傑作

現在公開中の『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』を早速観てきたので感想を述べる。控えめに言って最高の作品だった。

スポンサーリンク

『キミにきめた!』について

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』はポケモン映画20周年記念作品。

ポケモン赤・緑にあたるカントー地方編を舞台にしたストーリーとなっており、アニメ第1話で描かれたホウオウとの出会いとその後の総集編とも呼べる内容+オリジナルストーリーが描かれている。

感想

試写会時点での評判が良かったので期待していたが本当に素晴らしい映画だった。個人的には『ミュウツーの逆襲』に並ぶ傑作だと思う。

懐かしさ

本作はとにかく泣ける作品である。特にポケットモンスターカントー地方編のアニメ版『ポケモン』を観ていた世代は号泣すること間違いない。

本作に登場するポケモンは大半が「ピカチュウ」「キャタピー」「ヒトカゲ」「プリン」「カビゴン」といった第1世代ポケモンである。

そしてOP曲はお馴染みの『めざせポケモンマスター』の20周年アレンジverとなっている。この曲を聴くだけで当時のことを思い出して泣けてくる。また、劇中で使われるBGMは定番のアニメ版BGMでどれも懐かしい

そんな懐かしいポケモンたちの戦闘シーンを最高クオリティのアニメ表現で堪能できるのも堪らない。迫力も段違いなので是非とも映画館で観て欲しい。

純粋さ

本作が泣けるもう一つの理由はサトシとポケモンたちの純粋な心である。サトシが身を挺してピカチュウを守ろうとするシーン、そしてピカチュウのサトシに対する想い。大人になった今改めて観ると非常に心打たれるものがある。

冒険

本作はポケモンという世界が私達にとって冒険の場だったことも思い出させてくれる。ホウオウを追って伝説のポケモンたちと出会い、仲間を集めながらピカチュウと広大な世界を旅している感覚を存分に味わえる。

行く先々でのポケモンバトルには熱い気持ちになるし、出会いの物語はどれも印象的で美しい。観た後にポケモンの世界で冒険した感覚が心に残る内容となっている。

脚本の素晴らしさ

映画として本作を考えた時に本作の魅力はバトル演出音楽も然ることながら突出しているのは脚本である。

『劇場版ポケモン最新作』ということで「サン・ムーン」の幻のポケモン「マーシャドー」を出しつつ、『20周年記念作品』として「ピカチュウとの出会い」「カントーでの冒険」「金銀の伝説ポケモンとの出会い・バトル」を98分で描ききっている。

アニメ版からの取捨選択も見事である。サトシとポケモンとの関係性を描くのに必要な要素を見事に抜き出し、最小限かつ重要なエピソードが盛り込まれている。

その上で客が観たい戦闘シーンや結末は外さない辺り唸るレベルで見事。途中のマーシャドーの幻影シーンなんかもSF感もありつつサトシのポケモンへの想いを確認するきっかけになっており素晴らしい

この題材でこれほど起承転結を完璧にこなしたパターンは無いと思う。本当に見事。

20周年に相応しい傑作

ポケモン』というゲーム、アニメ、そして世界を生み出したスタッフたちに感謝しっぱなしの内容だった。

大人になってしまった当時のポケモン世代にこそ観て欲しい。あの頃のポケモンという世界を冒険した記憶が蘇ってくるはずである。

ちなみに上映前に劇場で流れた「ドラゴンクエストXI」の宣伝映像も非常に良い内容だった。子供のポケモン映画の付きそいで来ている世代にも直撃だったと思う。この調子で懐かし世代直撃の宣伝や映画をこれからも出して欲しい。

映画:劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
監督 湯山邦彦
脚本 米村正ニ
音楽 宮崎慎二
制作 OLM Team Kato
上映 2017年7月15日
スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)