『マリオオデッセイ』が『ゼルダの伝説BotW』を超えられない理由

先日最後までクリアした『スーパーマリオオデッセイ』。「マリオ史上最高の神ゲー」と評したが、それでも『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は超えられなかった。その理由をまとめてみる。

スイッチ向けマリオ新作『スーパーマリオ オデッセイ』をクリアしたのでネタバレ無し感想。 概要と序盤のプレイインプレッションは下記の記事...
スポンサーリンク
レクダングル(大)

理由

世界感

自由度

『ゼルダBotW』と『マリオオデッセイ』を比較した時の最大の違いは「世界」に対する認識の差だろう。ゼルダはゲーム内に「ハイラルの大地」が確かに存在したのに対し、マリオの各国は用意された「ステージ」にしか感じられない。

もちろんこれはゲームとして意図した設計ではあるものの、ハイラルを馬に乗って駆け回り、パラセールで滑空し、狩りや採集をしながら生きることが出来たゼルダに対して、マリオはパワームーン集めのタスク処理としての側面があまりに強い。

正直「ゼルダ」はプレイしていてガノンを倒す、ゼルダ姫を助けるという目的を忘れるほどに夢中になれた。しかし、「マリオ」の目的はピーチ姫を助けることであり、進むためにはパワームーン集めが必須となる。各国でムーンをどれだけ集めるかはプレイヤーに委ねられているものの、基本となるゲームの進め方は「パワームーンを集める」以外に存在しない。ここがゲームの楽しみ方の自由度という点で大きな違いとなっている。

広さ

遊びの幅広さも大きく異なるが、舞台となる世界の広さも余りに違う。今回のマリオは箱庭型と呼ばれるように用意されているのは各国の「箱」である。京都市をモデルにした異次元の広さが用意されていたゼルダとは広さの観点でも比較にならない。

世界の広さはそのまま遊び場の広さの差となっており、どこまでも探索し続けられる楽しみがあったゼルダに対してマリオはプレイヤーが把握可能な、見渡せる範囲内での遊びに留まっている。

空気感

世界に対する空気感の感じ方も大きく異る。タイトルに『ブレス オブ ザ ワイルド』と入れていたゼルダは確かにプレイしていて世界に「野生の息吹」を感じる事ができた。風が吹けば草木が揺れ、日差しの強さ、寒さと暑さまでも画面から感じられた。

マリオはスイッチ専用タイトルとして開発されたため単純な画質比較ではゼルダを上回っている。しかし、画面から感じられる空気感はゼルダの圧勝である。

マリオオデッセイは「フォトモード」が搭載されているが、この「フォトモード」がより輝くのも現状はゼルダだろう。アップデートで実装が期待される。

ゲーム性

中毒性

ゲーム性という観点ではゼルダがゲームとしてかつて無いほどの中毒性を持っていたのに対して、マリオは尾を引くほどのゲーム的魅力を持っていない。これはプレイするほどに「やること」が見つかり、「知的好奇心」を刺激されたゼルダに対してマリオは用意された遊びに留まっていることが大きな理由だろう。

このゲームとして計算され尽くした設計はCEDEC講演でも明らかになった部分。CEDEC講演記事を未読の方は是非一読して欲しい。

日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2017」が9月1日まで開催された。現在、その会場で講演された任天堂による『ゼルダの伝...
遊びの可能性

ゼルダが遊びの基本として「物理」と「化学」を用意していたのに対して、マリオは純粋に「アクションゲーム」としての魅力を突き詰めている。当然、それもゲームの方向性としてアリなのだが、プレイしていて感じるのは「マリオは飽くまでマリオ」という事である。

だからこそ初心者でも楽しめる入門用ゲームとしての魅力も存在するのだが、マリオシリーズとしての枠を超えた挑戦は感じられなかった。

用意された遊び

とはいえ本作ではマリオらしいアクション以外のミニゲームも多数用意されている。過去に記事にまとめた通り「福笑い」をモチーフとしたミニゲームがあったり、そもそも「キャプチャー」機能自体がマリオの遊びの枠を広げる画期的な機能ではある。

しかし、これらのミニゲーム、キャプチャーも開発者によって用意された要素にしか感じられない。「キャプチャー」が全てのモノに対して行える自由度の高さがあれば違っていたと思うが、決まったキャラ、モノしか「キャプチャー」することが出来ない。この点は非常に残念。

単純にゲームとしての可能性を考えると『スーパーマリオメーカー』の方が「ワクワク感」があったように感じる。『スーパーマリオ オデッセイ』ではインターネット機能はランキング機能にしか用いられていない。もっと遊びの幅を広げるために使って欲しかった。

物語

物語という点でも魅力的な英雄たち、種族・キャラクター、過去の記憶、ガノンとの戦いなどドラマチックだったゼルダに対して、マリオは飽くまで「クッパ」から「ピーチ姫」を救うお話に留まっている。

もちろんクリアした方は分かると思うが、本作にはマリオシリーズとしては非常に素晴らしい、涙腺に来る演出が用意されている。しかし、子供向けゲームである「マリオ」の域を超えることはできなかった。ゼルダとは用意された物語背景が余りに違いすぎる。クリア後にゼルダの3rdトレーラーを観ると涙腺を刺激されるが、マリオは振り返っても「良いゲーム」「良い演出」だったという部分が大きく、「物語」に対する感動は小さい。

感想

「マリオ」としては100点満点だった『スーパーマリオオデッセイ』。しかしGOTYはどちらかを考えた時に、「マリオ」という枠を超えられなかった同作と「ゼルダ」の枠を遥かに飛び越えてきた「ブレス オブ ザ ワイルド」ではが違う。

とはいえ単体のゲームとしては本当に素晴らしい作品だった。今後のマリオシリーズは是非「ゼルダ」に倣ってオープンワールド化してみて欲しい。ゼルダで出来たのだからマリオもきっと面白いオープンワールドゲームになると思う。任天堂の今後のマリオシリーズの展開に期待したい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



コメント

  1. 匿名 より:

    マリオシリーズもオープンワールド化して、主人公をリンクにすればいいと思う。

    • タコッケー タコッケー より:

      コメントありがとうございます。
      オープンワールド化を切に願いますね。
      つまりBotWのマリオ版が出れば全て解決ですね。

  2. 匿名 より:

    想定された面白いクリア方法へユーザーを楽しく誘うっていう旧来のゲームで一番楽しいのがマリオなんですね

  3. 匿名 より:

    いや結局あなたオープンワールドが好きなだけじゃん、って感じもしますけどね
    マリオはこっちの方向での進化であっていると思います
    もっとインターネットを使った面白い遊びをという点は同意です