格安ハンドスピナーS1C感想【QcoQce・Greatever】

最近子供に大人気らしいハンドスピナー。何が面白いのか気になったのでAmazonで購入してみた。

スポンサーリンク

ハンドスピナーとは?

ハンドスピナー」は別称「フィンガースピナー」「フィジェットスピナー」とも呼ばれる玩具

基本的な遊び方は中央部分を指で挟み、あるいは床に置いた状態で回すだけ。ハンドスピナーの中央部分にはベアリングが搭載されているため、一度回すとなかなか止まらない。商品にもよるが3分~4分ほど回り続けるものが多い。

最近になり子供たちの間で急速なブームとなっており、学校でも持ち込みが禁止されたり、ゲーセン景品になるなどその勢いが凄い。

購入したハンドスピナー

流行に振り回されがちな筆者がAmazonで購入してみたのは下記のS1Cというハンドスピナー。

販売店が異なるだけで型番・見た目から下記の商品も同じ商品だと思われる。

レビューを見ると3分以上回るという報告も多いが当たり外れが激しい印象を受ける。

回してみた結果

床においた状態で回してみた結果、安定して4分以上完全に止まるまで5分ほど回すことが出来た。

回している間「ガリガリ」「シャー」というは多少するのだがそれによって回転が下がっている印象はない。

入門にはお勧め

S1Cはハンドスピナー入門にお勧めできる商品だと思う。何より価格が安く、7/19時点の価格で261円関東送料無料で購入することが出来る。(ただし中国からの郵送のため届くまで2週間程かかる)

しかし品質は正直ばらつき・問題がある。今回届いた商品は5回ほど回した時点で一時的に「シャー」という音が大きくなり1分ほどしか回らなくなった事があった。(※逆方向に何度か回すことで元に戻った)

また、商品自体は塗装ムラが目立つ商品が届いた。これは値段を考えれば許容できる範囲。

この商品は分解・再組立が出来ない商品なのでハズレを引いてしまった場合は販売店に問い合わせるしかない。

初ハンドスピナーの感想

初めてハンドスピナーを触ってみた感想としては思っていたよりも面白い。感覚としてはペン回し無限プチプチが似ている。

床に置いた状態で回して眺めるのも良いし、手に持って回すとジャイロ感を感じられる。

何より回っている間の「シャー」というが心地よい。今回の商品の場合は「ガリガリ」という異音も混じっているのが少し気になる。

手元が寂しい時につい回してしまう感じなのでゲームのロード中やテレビのCM中など合間に回すのも良い。特にハースストーンの相手ターン中に回すと「集中」「精神統一」の効果が得られる気がしないでもない。

より高価なタイプも気になる

初めてハンドスピナーを回してみて分解可能なタイプやより回るもの、がしないものが欲しくなる気持ちが少し分かった。

現在販売中のものでは上記のタイプは高価だが評判が良いようである。

また、8月2日以降には脅威の12分間回る「SATURN SPINNER」も発売予定である。こちらは17,280円と非常に高価だが「最先端の技術が詰まったベアリング」を採用しているらしい。気になる方は是非チェックしてみて欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)