『OneShot』感想:UndertaleになれなかったメタSF

PC用アドベンチャー『OneShot』をプレイした感想。一応ネタバレ無し。

スポンサーリンク

どんなゲーム?

『OneShot』はLittle Cat Feet開発のパズルアドベンチャー。オリジナル版はRPGツクールで作られており、2017年9月に公式日本語版がSteamでリリースされた。

本作はネタバレが面白さに大きく影響するゲームである。本作に少しでも興味があり、いずれプレイしたいと思っている方はブラウザバックし事前情報無しでのプレイを推奨する。

魅力

メタ要素

本作最大の特徴はPCゲームという強みを存分に活かした「メタ要素」である。プレイヤーと本作の主人公「ニコ」は別の存在であり、ゲーム中に「プレイヤー」に対して話しかけたり、ゲーム自体がPCに影響を及ぼしたりする。イメージとしては『Undertale』『Doki Doki Literature Club!』を想像してもらうと良い。ただ本作は「雰囲気ゲー」としての部分も大きく上記2作と比べると見劣りすることは確かなので注意して欲しい。

名作ゲーム『UNDERTALE』について考察をまとめる。 ネタバレ注意 テーマ 『UNDE...
海外産の無料美少女ADVゲーム『Doki Doki Literature Club!』が話題になっているので早速プレイしてみた。基本ネタバレ...

世界観・物語

本作が前述した2作と大きく異なるのはSF要素を備えた世界観と物語だと思う。ゲーム内世界は悲壮感に包まれており、プレイヤー(ニコ)が「救世主」として行動しなければ簡単に破滅を迎えてしまう。世界構造や「プレイヤー」と「ニコ」について考えさせる要素も多い。全体的にゲームとしての文字量も多く、本作は動かせる「ノベルゲーム」として考えたほうが良いかもしれない。

その分残念なのが溢れ出る「お使い感」である。本作は基本的に「物語を進めるため」に移動し、謎を解くゲームプレイとなっている。『Undertale』のように戦闘を楽しんだり、ボス戦を楽しむようなゲーム性は介在していない。無駄に広く迷いやすい世界を「たった一つ」の「用意された解答」を探し出すのは作業感が強くゲームとしてつまらない。元がRPGツクールだと考えると許せる部分も多いが残念だった。

ニコ

本作が人気を博している理由は物語・世界観以外に主人公「ニコ」の存在が大きい。とにかく可愛い。猫耳の見た目も然ることながら、プレイヤーに対して不安げに語りかける姿や年齢設定、感情を揺さぶる物語など本作では「ニコ」の魅力が大きく掘り下げられている。本作の評価の分かれ目は「ニコ」に対する捉え方・印象で大きく変わるはず。

感想

評価が非常に高く、期待してプレイしたのだが正直ゲームとしてはつまらない。本作に介在する「パズル要素」は荒削りでマップ構造も分かりづらい。多くのプレイヤーは攻略サイトを調べつつ遊ぶ形になると思う。肝心の物語も予想を大きく裏切る展開も無く、「ニコ」に対して感情移入が出来ないと心も揺さぶられない。元がフリゲということもあり、本作の評価ははっきり言って過剰評価な状況だと思う。

追加されたEDも「OneShot」(一度きり)というタイトルを半分裏切る内容でもあり、無理にハッピーエンドとするのも良いとは思えない。プレイヤーの選択、ケツイの意味が失われてしまう。本作のコンセプト、伝えたかったことは何なのか。より煮詰めた形にして欲しかった。PC、ウインドウという特性を活かしたゲームプレイは感心するし頑張っていると思う。その分「ゲーム」として楽しめる作品に仕上げて欲しかった。本作は「体験」を味わい、「ニコ」に感情移入することでようやく成り立っている。リプレイ性は低くゲームとしては成立していない。

とはいえ本作が唯一無二の魅力を備えている点も確かである。価格を考えれば1本映画を見る感覚では楽しめることも間違いない。Steamではセール時は588円と破格になるので興味を持った方は是非プレイしてみて欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)