『Unravel』感想:アリエッティの世界を体感できる名作ゲーム

PS4, Xbox One, PC向けに配信されているパズルアクションゲーム『Unravel』をクリアした感想

スポンサーリンク

どんなゲーム?

Unravel』はスウェーデンのゲーム会社Coldwood Interactive開発のパズルアクションゲーム。

プレイヤーは毛糸の主人公であるヤーニーを操作し、毛糸をロープのように使って移動したり、物理法則を駆使して謎を解いて進んでいく。毛糸人形のプレイヤーのサイズ感、物体を掴み移動させてを解くゲームプレイは『リトルビッグプラネット』を彷彿とさせる。

描かれる自然はPS4のスペックをフル活用した美しく、郷愁さえ感じる出来となっている。その自然をアリエッティさながらの視点で楽しめることも大きな魅力である。

感想

美しい自然

『Unravel』の最大の魅力は美しく描かれた自然だろう。ステージごとに季節・天候が全く異なり、場所も草花が生い茂る草原・海・山などバリエーション豊かである。

そしてどのシチュエーションも画面の隅々まで美しい。グラフィックは極めて写実的であり、名作『Flowery』とは異なる自然表現となっている。そしてサイズ感からカメラはマクロ撮影のようなピント描写となっており、カメラレンズを通してヤーニーの物語を覗き見ているような印象を受ける。

障害物として行く手を遮る動物たちも印象的な要素。小人のサイズでの鳥類の怖さやカニ、モグラ等に対峙したときの恐怖は本作でしか味えない。特にGの大群に襲われる恐怖は人によってはトラウマものなのでプレイする際には注意して欲しい。

ゲーム性

可愛らしい見た目とは裏腹にゲーム性は極めて高い毛糸を使った謎解きは想像力を要求される面白いギミックとなっている。謎解きの難易度はパズルゲームとしては比較的簡単で全く分からずに詰まることは無かった。

アクション性はそれなりに高いが『LIMBO』のような精度は要求されない。投げ縄アクションさえ使いこなせれば困ることも無いと思う。

各ステージには隠し要素が用意されており、それを隅々まで探すプレイも楽しめる。ちなみにプラチナトロフィーも比較的取りやすい

心に残る名作

印象的な風景謎解きのバランスが素晴らしく、プレイした余韻が残る名作だった。

ヤーニーのキャラクターも可愛くて良い。毛糸というアイデアもゲーム内容に上手く活用されている。

2,000円で手軽に楽しめる自然・ゲーム開発へのを感じられるメッセージ性の強い作品だった。プレイヤーの心の琴線に触れること間違い無しの作品なので是非一度プレイしてみて欲しい。

ゲーム:Unravel
ゲームジャンル パズルアクション
機種 PC
PS4
Xbox One
配信日 2016年2月9日
開発元 Coldwood
販売元 EA
スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)