EAの画面分割Coopゲーム『A Way Out』が面白そう

EAは開催中のゲームイベント「EA Play」のカンファレンスで完全新作アドベンチャーゲーム『A Way Out』を発表した。その内容が非常に面白そうだったので紹介したい。

スポンサーリンク

脱獄がテーマのアドベンチャー

本作は脱獄を目的に2人の男が協力する物語のアドベンチャーゲームとなっている。制作は『ブラザーズ 2人の息子の物語』で知られるHazelight。

画面分割の仕組みが面白い

本作が特徴的なのは上記のゲームプレイ動画の通り、画面分割でゲームを進める内容となっている点である。

ローカルで2人協力プレイができるほか、オンラインで協力プレイすることも出来るらしい。

画面分割といえばMGS4でも終盤に画面分割で物語が同時進行するシーンが存在した。こちらはネタバレ注意。

本作をプレイした方はわかると思うが、演出としては非常に面白い。片方のプレイがもう一方の展開に影響を与えるゲーム内容をお互いの視点で楽しむことが出来る。

『アンチャーテッド』を意識?

本作のゲームトレーラーを見ると『アンチャーテッド』シリーズを意識している印象を強く受ける。2人の関係性はサリーとネイトのようにも思えるし、後半のアクションシーン、演出はアンチャーテッドそのままである。

ディレクターであるJosef Faresは過去にアンチャーテッド4を絶賛しているし、影響は大いに受けていると思う。

https://twitter.com/josef_fares/status/873641612563185668

協力プレイできる名作になることを期待

STAR WARS BF2』だけだと思われていたがEAはとんだ隠し玉を用意していた。

昨年発売した『人喰いの大鷲トリコ』もある種「協力」プレイをするゲームであり、「協力」という要素はその非対称性からゲームのパズル性に大きく影響を与え、ゲームプレイをより奥深くする要素となっている。

アイデアとしても面白く、派手な演出、感動的な物語にも期待できる本作。2人プレイで物語を楽しめるAAAタイトルは今までにも無かったと思うので、是非とも2人で感動を共有できる名作となって欲しい。

発売は2018年初頭とのことなので楽しみに待ちたい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)