ポケモンダイレクトでの発表まとめ【ポッ拳が移植された理由は?】

6月6日23時から ポケモン関連の発表番組『Pokémon Direct 2017.6.6』が放送された。発表された新情報考察をまとめてみる。

スポンサーリンク

発表タイトル一覧

ニンテンドースイッチ版『ポッ拳』

最初に発表されたのは現在Wii Uおよびアーケード筐体向けに提供されているポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』のスイッチ向け移植である『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』。

  • スイッチ版ではダークライハッサムエンペルトグレッグルジュナイパー5匹が追加参戦し、合計21匹がプレイアブル
  • 3対3のチームバトルが可能
  • ランクマッチ、フレンドリーマッチ、グループマッチなどオンライン対戦要素が強化

発売日は2017年9月22日。希望小売価格は5,980円

最新作『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』

次に発表されたのは3DS向けタイトル『ポケットモンスター サン・ムーン』のパワーアップ版『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』。

  • サン・ムーンを舞台にしたもう一つの物語
  • サン&ムーンには出なかったポケモンが登場。
  • 更に楽しめる要素が追加

発売日は2017年11月17日。価格は未発表。

『ポケモン金銀』がVCで配信

最後に発表されたのは『ポケットモンスター 金・銀』のバーチャルコンソール版。

  • ゲームボーイカラー版の画面を再現
  • ポケモンバンクにも対応予定

配信予定日は2017年9月22日(ポッ拳と同日)。価格は未発表。

考察

『ポッ拳』の移植について

『ポッ拳』は格ゲーとしては人気が無かった印象なのでこの発表は予想外。むしろ売上が伸びなかったので移植版で回収する目的もあるかもしれない。

Wii U版も発売しているがローカル対戦が基本的に30fps。Wii Uを2台用意してLAN接続しないと60fpsで対戦できない残念仕様だった。格ゲーにおける遅延は致命的なのだがスイッチ版はどうなのだろう。無線通信による影響が気になる。

マリオカート8同様に(+α)移植タイトルである本作。Wii U版からの移植は簡単なのだろうか?だとしたら早急に『スマブラ』を移植して欲しい。

『ポケモン サン・ムーン』の追加要素

映像にはソルガレオ・ルナアーラがネクロズマと合体した姿が登場している。ゲームとしては「ブラック・ホワイト2」と似た感じだろうか。情報が少ないので追加情報待ち。

『金銀』のVCについて

クリスタル』は出さないのだろうか?てっきり金銀とセットだと思っていたが。

前回同様に当時の箱を再現したパッケージ版も高確率で出ることが予想される。来年はルビー・サファイアのVC版?

総評

噂されていたスイッチ版の新作ポケモンの発表は無かった。当然開発は進めていると思うが、発売は早くても来年始めだろうか。映画やサン・ムーン等のポケモン関連の流れとして赤緑の再々リメイク、あるいはダイパのリメイクも期待される。

ともかくスイッチ版の大迫力のポケモンを出来る日を楽しみに待ちたい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)