ガイドライン違反でアプリ申請がリジェクトされた場合の対処法まとめ

前回の記事でGoogle Playでのリジェクト事例を述べたのでiTunes Connectでのリジェクトされた経験談と対処法もまとめておく。

Google Playにアプリを出す際に「性的なものを暗示する画像や動画」として画像を捉えられたためメタデータ違反としてGoogle Pla...
スポンサーリンク

経緯

iTunes Connectではリリースまでに計3回リジェクトされている。いずれも明確なガイドライン違反によるものだった。各メッセージ内容も載せておく。

リジェクト(1回目)

Guideline 2.1
We found that while you have submitted in-app purchase products for your app, the in-app purchase functionality is not present in your binary.
アプリ内課金が対象のバイナリで実装されていないことを伝える内容。この時はXcodeも探り探りだったため「Capabilities setting」での設定し忘れが原因だと勘違い。修正後もTestFlight版での確認を行わなかった。
Guideline 2.3.10
We noticed that your app or its metadata includes irrelevant third-party platform information. Specifically, Google Play is mentioned after tapping the 攻略サイト button.

アプリ内の説明ではゲーム攻略情報の解説が不十分だったため、外部リンクから当ブログの攻略情報に飛ぶ形にしていた。しかし当時はGoogle Play版リリース後だったため、リンク先URLにGoogle Play版のリンクのみ存在。第三者プラットフォーム情報がメタデータに含まれてると判断されリジェクト。

リジェクト(2回目)

Guideline 2.3.3
We noticed that your screenshots do not sufficiently reflect your app in use on iPad Pro.
XcodeでDeployment InfoのDevicesを「Universal」にしていた凡ミス。設計としてはiPhoneのみ対応のUIだったため、iPad向けに最適化されていなかった。本来であればiTunes Connect側で画像を用意するタイミングで気づくポイント。

リジェクト(3回目)

Guideline 2.1
We found that while you have submitted in-app purchase products for your app, the in-app purchase functionality is not present in your binary.

1回目と同様の理由でリジェクト。2回目でスルーされていたので解決したと思っていた。

対処法

各ガイドライン違反に対する対応方法は下記の通り。

Guideline 2.1

アプリ内課金が実装されていないという指摘。その後コードを何度も見直し、TestFlight版で動作確認したが問題なく動いていた。そこで仮説として「課金機能」はステージを進めてから解放される仕様だったため、解放条件に気づいていないケースだと予想。

「問題解決センター」から下記の内容で画像を添付して問い合わせてみる。

I checked the 2.0.7 binary with TestFlight, but in-app purchase are implemented.
The function will be released from stage 6.
Please check again.
From “Stage 6” you can choose the “魔竜石” menu.(→ 画像を添付)
すると1時間ほどで「ステージ6まで進めたら見つかった」旨の返信を確認。分かりやすい様に個別の課金アイテム欄の説明に「ステージ6以降解放」の旨を追記。別で課金画面のiPadにおけるレイアウト崩れ(Guideline 4.0.0)の問題を指摘されたので再修正。
Guideline 2.3.3

iPad向けにした設計がそもそも間違いだったのでDeployment Targetを「iPhone」に変更。これでiPadではiPhone互換モードで動作するためiPhone画面でのレイアウトさえ意識すればOKとなる。

Guideline 2.3.10

リンクURL先にGoogle Playのリンクがあることが問題なのでブログ記事を変更すれば良いのだが、念のためボタン自体を一旦削除。その後、別のアップデートタイミングで攻略ボタンを復活させる形で対応。

Guideline 4.0.0

こちらも「iPad」での指摘なので2.3.3と同様の対処。念のためアス比が崩れて背景部分が見えた場合はが見えるようにSkyboxを変更。

感想

Google Playが事後審査なのに対してAppleは人の手による事前審査のため審査が厳しい。特にレイアウト崩れなどは指摘されやすいポイントなのでUniversal対応アプリを作る場合は注意したいポイント。

また、アプリ内課金での指摘のように人の手による判断なので説明が無いと分からないケースも存在する。指摘内容自体に疑問を持った場合は「問題解決センター」から気軽に問い合わせてみよう。今回初めて利用したが1時間ほどで返信も来たので非常に好印象。

iOSアプリは審査も厳しい分、多くの人にプレイしてもらえるので上記情報を参考に頑張って欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)