【誤報】緊急地震速報に対するSNS反応まとめ(20180105)

2018年1月5日11時頃、緊急地震速報のアラーム音がけたたましく鳴り響いた。しかし、その後目立った揺れも無く「誤報」だったことが明らかとなった。

スポンサーリンク

誤報

緊急地震速報のアラーム音が鳴り響いたのは2018年1月5日の11:02前後。富山県西武と茨城県沖で同時に地震が発生したため、震度予想が最大震度5弱と過大評価されてしまった。実際は茨城沖の最大震度はで津波の心配も無い状況となっている。

熊本地震のケース

2016年4月16日に熊本でも震度予測が過大となり緊急地震速報を謝るケースが起きている。このケースでは熊本県阿蘇地方と大分県中部を震源とする地震がほぼ同時に発生、最大震度7と予測されたが実際の震度は熊本で3、大分で2だった。

その後、地震活動が活発化した地域では同時発生に対する精度改善が行われていたが今回のケースは関東、北陸でM4クラスが同時発生するという通常考えにくいケースだったため対応しきれなかったのだと思われる。

SNSの反応

久しぶりに鳴り響いた緊急地震速報アラームに対するSNSの反応は下記の通り。

感想

手持ちのiPhoneとXPERIA Z5が同時にけたたましく鳴り響いたので驚いたが、大事にならず安心した。今回の件で改めてTwitterの情報の速さに感心した。テレビ放送よりも遥かに早くTwitter上では同時発生による「誤報」という情報が飛び交っている。誤った情報が拡散される心配もあるものの、お気に入り・RT、インプレッション数による情報の選別は正しく機能していた。Twitterで正確な情報を得られる可能性は非常に高い。

いずれにせよ用心するに越したことは無いので今後も地震速報時は安全な場所に身を隠し、SNSでの情報を確認するように注意して欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)