BLトークが花咲いた「ねほりんぱほりん」腐女子回SNS反応まとめ

NHK Eテレで毎週水曜日に放送されている『ねほりんぱほりん』の腐女子回の感想まとめ。

スポンサーリンク

どんな番組?

『ねほりんぱほりん』は南海キャンディーズ山里とタレントYOUがMCを務めるトーク番組。毎週闇を抱える登場人物たちが顔出しNGで登場し、人形劇に置き換えた形での赤裸々トークが繰り広げられる。

過去には「ネトゲ廃人」「ヒモ」「地下アイドル」などいわゆるヤバイ人たちが登場しており、今回は満を持して「腐女子」がテーマとなっている。

内容

放送された内容は公式Twitterでも公開されているので主要部分を抜粋する。

女をログアウト

桃太郎はBL

東京駅もBL

女子力で武装

解釈違い

SNSの反応

衝撃的な発言も多かった「ねほりんぱほりん」に対するSNSの反応は下記の通り。

感想

期待しすぎた感もあるが思った以上に肩透かしな内容だった。BLを知らない人には衝撃的だったのか気になる。過去の放送ではネトゲ1位常連の「ネトゲ廃人」など「ヤバい奴」が目立ったのだが、今回は腐女子のチョイスも正しかったのかイマイチ分からない。「オタク」であれば「知識量」で明らかな上下、オタク代表と呼べるような人物は定まってくるのだが「腐女子」というもの自体が単に性的嗜好を表す単語でしかない。男性で言うところの「百合好き」と何ら変わらない印象を受けた。

話の内容に関しては40代の暴走が印象的に残るだけで身内話、あるあるネタで盛り上がっていただけだと思う。これが「オタク」であればオタクの歴史だったり性質、観点、カテゴライズの話も出来たと思うのだが文化的な視点での「腐女子」談義が行われなかったのは非常に浅い。「オタク」同様に「腐女子」の定義も広義になり過ぎていることも原因だと思われる。どうせならコアな「腐女子」とライトな「腐女子」に分かれての談義などを見たかった。

見逃した方はこちらでテキストで確認可能。来週はアイドルのトップヲタが登場するらしいのでそちらも期待したい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)