「本当に住みやすい街大賞」1位に南阿佐ヶ谷が選ばれる5つの理由

12月6日「本当に住みやすい街大賞 2017」のTOP10が発表され1位に「南阿佐ヶ谷」が選ばれた。偶然にも筆者が住んでいる家も南阿佐ヶ谷なので今回はその魅力を伝えようと思う。

スポンサーリンク
レクダングル(大)

「本当に住みやすい街大賞」とは?

本当に住みやすい街大賞」は住宅ローン専門金融機関のアルヒ株式会社が発表した独自ランキング。理想ではなく実際にその地域で「生活する」という視点から作成されている事が大きな特徴。

評価基準としては「住環境」「交通利便」「教育環境」「コストパフォーマンス」「発展性」の5つの基準が設定されており、ARUHIが所有するビッグデータと専門家による公平な審査のもと選定が行われている。記念すべき第1回目の1位には「南阿佐ヶ谷」が選ばれた。

南阿佐ヶ谷の魅力

筆者は南阿佐ヶ谷に住んで3年だが正直本当に住みやすい。今後引っ越しを考えたくないレベルで気に入っている。その隠れた魅力を評価基準の5つの観点から解説してみる。なお元となる採点はARUHIの記事を確認して欲しい。

住環境

「南阿佐ヶ谷」はファミリー層にとって特に住みやすい街だと思う。駅前には「杉並区役所」向かいには「杉並警察署」荻窪側に少し歩けば「杉並消防署」と公共機関が集中している。治安面での安心感は万全だと言えよう、実際に暮らしていても「公然わいせつ事件」が阿佐ヶ谷であった以外は事件は聞いたことが無い。

普段の買い物は阿佐ヶ谷パールセンターの商店街で安く食材が手に入るほか、秋は中杉通り沿いのケヤキ並木が美しい。春は善福寺川公園の400本以上にも及ぶ桜が名所となっている。利便性と自然環境のバランスが非常に魅力的だと言えよう。

交通利便

交通利便も都内では圧倒的にアクセスが良い。東京メトロ丸ノ内線の南阿佐ヶ谷からJR中央線の阿佐ヶ谷駅までは徒歩10分のため、実質的に2路線を利用することが可能。南阿佐ヶ谷から新宿まで丸ノ内線でわずか11分、東京も丸ノ内線1本で30分と利便性は申し分ない。

唯一の難点は南北方面の移動だが南北バスの「すぎ丸」を利用すれば、阿佐ヶ谷から浜田山まで100円で移動可能。京王井の頭線も十分利用範囲内と言える。青梅街道から環七通り、首都高と車でのアクセスも良好なので都内のアクセスで困ることはまず無い。

教育環境

南阿佐ヶ谷がファミリーにとってお勧めな理由は充実した教育環境も大きな要因。杉並区の待機児童数は2017年4月発表時点で29名と非常に少なく、認可保育所も急ピッチで整備されている。杉並区の「待機児童ゼロ」への取り組みは公式HPを確認して欲しい。

また、文化教育の観点でも「シアターシャイン」「アートスペース・プロット」といった小劇場、サブカルの聖地である「阿佐ヶ谷ロフトA」、「阿佐ヶ谷アニメストリート」等のサブカルにも強い。アニメ制作会社で有名なA-1 Picutresも南阿佐ヶ谷にあり、アニメ『NEW GAME』も阿佐ヶ谷が舞台となっている。

現在夏アニメとして放送中の『NEW GAME!!』。2期が終わる前に1期の感想をまとめておく。 どんなアニメ? 『NEW GAM...

他にも毎年「阿佐谷七夕まつり」「阿佐ヶ谷ジャズストリート」が開催されたり有名な「高円寺阿波踊り」も徒歩圏内。通年何かしらのイベントが行われ、飽きることが無い。

本日8月4日から8月8日まで開催している「第64回阿佐谷七夕まつり」に行ってきたのでレポート。 阿佐谷七夕まつりとは? 「阿佐谷...

コストパフォーマンス

コストパフォーマンスはお世辞にも良いとは言い難い。一人暮らしなら「高円寺」の方が安い物件も多いと思われる。昔は穴場だったらしいが、住宅価格は上昇傾向にある。しかし、価格に見合うだけの満足度は得られる。予算が許すならば是非候補として考えてみて欲しい。

発展性

発展性についても今後に期待したいところ。記憶に新しいのは2017年7月に阿佐ヶ谷駅前にオープンした高架下のショッピングセンター「ビーンズ阿佐ヶ谷」。阿佐ヶ谷らしからぬオシャレさで非常に目を引く。

だが個人的には阿佐ヶ谷の良さは発展し過ぎず、古さが残っていることだと思う。スターロードは夜歩いているだけで楽しい気持ちになれるし、駅前に西友、電機店はスーパー地下のノジマ電気しか無い素朴な雰囲気が魅力である。今後発展しても吉祥寺のように「わちゃわちゃ」した場所にはなって欲しくはない。ちなみに下記はスターロード近くにある「24時間飲み放題」のお店。阿佐ヶ谷駅付近は呑んべえにも優しい。

居酒屋でよく見かける「飲み放題」。2~3時間飲み放題で3,000~4,000円が相場だが阿佐ヶ谷で脅威の24時間飲み放題が実施されている店舗...

感想

「住みやすい街」と聞いた時に「阿佐ヶ谷」が入ってれば良いなー程度にWBSを観ていたがまさかの1位だったので魅力を記事にまとめてみた。こうして考えると本当に住みやすい街だと再実感できる。Twitterの意見にはピンと来ないという意見も見られるが、それにも納得できる。南阿佐ヶ谷はわざわざ行く場所でも無いし中々住まないと魅力が伝わりづらい。

しかし、一度住んでしまえば週末に善福寺川沿いに公園を歩くのは気持ちいいし、飲食店は美味しい店ばかり。飲み屋散策もスターロードで困らない。商店街の八百屋も比較的安い等良いこと尽くしである。中央線付近で住みやすい街を探しているのであれば自信を持ってお勧めできるので、是非検討してみて欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする