けものフレンズのサーバルちゃんも!阿佐谷七夕まつりフォトレポート

本日8月4日から8月8日まで開催している「第64回阿佐谷七夕まつり」に行ってきたのでレポート。

スポンサーリンク

阿佐谷七夕まつりとは?

「阿佐谷七夕まつり」はJR阿佐ヶ谷駅南口から700mに渡る「阿佐ヶ谷パールセンター」で毎年行われているお祭り

アーケード型の商店街通りが七夕をモチーフにした装飾で彩られ、各商店手作りの巨大な張りぼて名物となっている。露店での食べ歩きや子供向けのくじ屋、ボールすくい等も楽しめる。

今年の様子

今年、2017年七夕まつりの様子を写真と共に紹介する。

パールセンター入り口の提灯。パールセンター商店街は南口を出てすぐ。平日だが非常に賑わっていた

マツコ・デラックス特徴をよく捉えている。

名探偵コナン。ディティールまで丁寧に作られている。髪の毛にもうちょっとボリュームが欲しい。

パンダ。上野の赤ちゃんパンダにちなんで多数見られた。このような世相を反映した張りぼても魅力となっている。本作は全体に羊毛フェルトを使っているであろう力作

アンパンマン。顔の縦横比は難ありだが、手足が動く仕様になっている。

サーバルちゃん。一部の人には今年の目玉であろう作品。全体のバランス感が非常に良い。ねんどろいどの原型を元に作られていそう。セルリアンも良い出来。

ここは毎年2chでも取り上げられている有名どころ。ここ数年はガルパンだった。以前イカ娘を作って話題になったのもここ

場所はマツモトキヨシ阿佐ヶ谷パールセンター店のすぐ近く。作っているのは京染めのみなとや

ジャック・スパロウ。こちらも力作。壁面の船が動く演出も凝っている。

超時空要塞マクロスよりバルキリー。時代に逆行するコアなチョイス。これも見事な出来。

以前はヤマトもやってて嗜好が窺える。

ミニオン。フォルム的に作りやすい、映画での認知度子供向き等の理由からパンダ同様に多い

リアルなウサギ。「もみ処&美容 うさっぷ」のイラストとのギャップが凄い。目の周りも赤く塗ってるし若干怖い

ジェームス。なぜトーマスじゃないのか?たしか毎年色だけ変えてるはず。こちらも若干ホラー感あって夜中に見たら呪われそう

あんみつ。「とらや椿山」は「マツコの知らない世界」のパンケーキ特集でも紹介されたお店。あんこたっぷりのパンケーキが店内で食べられる。

ドラえもん。クオリティ高い。手に持ってるのはスモールライト

トトロ。こちらもホラー感ある。足元をよく見るとコマにちゃんと乗ってる。

ドラミ(邪)。商店街のアーケードが終わって左側の道中でエンカウント。ドラえもんと比べて個性を感じる。

感想

阿佐ヶ谷は住んで3年になるが商店街は非常に活気が溢れている。その理由の一つがこうしたイベントを地元の人達で盛り上げていることだと思う。

七夕まつりの準備は閉店後に商店街の人たち自ら行っている。過去の様子はこちらのアーカイブから確認可能。

今年はパンダ、ミニオンなどが目立ち、ひふみん将棋の駒などの時事ネタも確認できた。基本的には子供受けするキャラクターが多い一方、独自路線のコアなネタに走った作品も見受けられる。力作ぞろいの面白い内容だったと思う。

8月8日まで開催

お祭りは8月8日まで開催中なので興味を持った方は阿佐ヶ谷まで是非来て頂きたい。商店街はアーケード型なので雨でも安心してお祭りを楽しめる。非常に混雑するのでゆっくり食べ歩きする感じで楽しむと良い。

また夜は美味しい居酒屋も多いので予約する等して併せて楽しむと良いだろう。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)