【炎上】ニコニコ動画(く)新サービス発表会が酷すぎてお葬式状態に

本日、ニコニコ動画の新サービス「niconico(く)」の発表会が18時から開始した。しかし、発表内容のあまりの酷さから炎上、お葬式状態となっている。

スポンサーリンク
レクダングル(大)

概要

「niconico(く)」はニコニコ動画の16番目のバージョン。(く)は「クレッシェンド」を表しており、2017年4月に発表、2017年10月にサービス開始予定だった。しかし、「niconico(く)」に関する情報はサービス開始予定だった10月に入っても全く音沙汰なし。10月30日になってようやく発表会を11月28日に実施することが告知された。

発表会の内容

発表会で発表された内容は下記の通り。

  • サービス開始は2018年2月28日
  • 「オープニング」「エンディング」「ニコニコQ」「ニコ割ゲーム」「休憩する」「引用する」「マルチカメラ」「ニコニコ新市場」等の(誰も望んでいない)新機能を追加
  • (ユーザーが望んでいる)画質向上は「半年以内に」「ほぼ」できると「思います

葬式状態

そもそも発表会自体はこのご時世に「スマホから見れない」上にPCで新機能バージョンに飛んでも「人数限定放送」をするという新機能発表会としてはあり得ない状況だった。

そして、今回のあまりに酷い発表内容に「成功するか、失敗するか?」のアンケート結果は「失敗する」が84%。平日の夕方から生放送を見てくれている熱心なファンですらこの状況で「成功する」「まあまあ成功」ですら合計6%という絶望的な数字になっている。

スポンサーリンク

SNSの反応

今回の発表会に対するTwitter上での反応は下記の通り。

感想

私事だが昨日、ニコニコ動画のプレミアム会員を解約した。今回は「niconico」がオワコン化してしまった理由と解約すべき理由をまとめてみる。...

以前にニコニコ動画のオワコン化、月額サービス比較記事をまとめたが状況としては何一つ変わっていない。「ニコニコ動画」というサービスは完全にオワコンになってしまった事を再確認できる発表内容だった。

ユーザーの意見を全く反映していない追加機能、サーバー・インフラ強化は完全に諦めて「機能追加」に頼った形となっている。その「機能追加」もユーザーにとって嬉しいものは一つもなく、学生のノリで考えてみたゲームだったりして本格的にどうしようもない

唯一良かった点は希望が全く見出だせない点だと思う。今回の発表で「niconicoの再起」に期待していた人もすっぱり諦めきれるほどに酷い。というかこの発表でプレミアム会員が戻ると本気で信じていたのだろうか?今回の発表はプレミアム会員減少に更に拍車をかける内容となっている。

最大の課題だった「重さ」「画質」については質疑応答でも「努力している」の回答で済ませる危機意識の無さ、新バージョン発表から1年近く経過してようやくリリースというスピード感の無さ、ユーザーのニーズを理解できない世間との感覚のズレ、いずれも激戦状態にある動画配信サービスを運営する企業としては致命的というほか無い。ユーザーにとって最高の流れはこのまま落ちるところまで落ちて「ビリビリ動画」に吸収されることだと思う。その方がまだ展望がある。

非常に残念な発表内容だった。今回の発表を受けて現状のプレミアムユーザーはどうするのか。カドカワの決算発表に注目したい。


追記:放送終了後の最終アンケート結果 → (よくなかった 87%

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする