『24時間テレビ』が嫌われてしまう理由【金は日テレを救う】

18時30分から放送が開始された『24時間テレビ 愛は地球を救う』。毎年安定した視聴率募金を集めている人気番組だが、ネット上では放送内容を嫌う声も多く見られる。今回はその実状と嫌われてしまう理由を考えてみる。

スポンサーリンク

ネット上の声

まず実際に「24時間テレビ」が嫌われているのかTwitterで検索してみる。すると多くの声が見つかる。

なぜ嫌われてしまうのか?

番組内容

『24時間テレビ』が嫌われてしまう最大の理由は「感動の押し売り」と「障害者を利用」した番組内容だろう。

感動の押し売り

『24時間テレビ』の代名詞とも言えるイベントは「チャリティーマラソン」である。不正疑惑などは別問題なので省くが、そもそも

「走る意味が無い」

企画として障害者ランナーが走るならまだ意味も分かるが、人気芸能人を走らせるのはどう考えても「視聴率(=お金)稼ぎ」と用意された「感動の押し売り」である。

学生たちが「文化祭」で勝手に盛り上がっているのと本質は何も変わらない。自分たちが勝手に決めた課題を勝手に努力して、勝手に達成感を味わっている。要するに全て茶番なのである。

無論それに「感動」した視聴者が募金してチャリティーに繋がるという部分もあると思う。しかし番組内での障害者の扱い方にも疑問がある。

障害者を利用

『24時間テレビ』では障害者を明らかに「特別視」している。番組で用意された「チャレンジ企画」では障害者が水泳したり、登山したりする企画が度々行われる。

「健常者が当たり前に出来ることを障害者が必死に頑張る姿」という形で「感動」を狙っているのだろうが正直やり口が最低だと思う。

障害者を「感動を与えるモノ」として扱うことに異論を唱え、「感動ポルノ」という言葉を生み出したのは故ステラ・ヤング氏である。上記TEDのスピーチを未見の方は是非一度だけでも観て欲しい(日本語字幕あり)。「24時間テレビ」を24時間見るよりも上記スピーチを9分間聞いた方が障害者意識は高まると断言できる。

https://twitter.com/SierraMike1111/status/769893693033553920

「24時間テレビ」は障害者を感動を与える「モノ」として扱っている典型的な番組である。だからこそ去年はNHKが裏番組として「感動ポルノ」を問題視した番組『バリバラ』も放送されている。

障害者にとって最大の障害は「身体の障害」ではない。障害を特別視する誤った「考え方」である。この偏向した考え方を助長させる「24時間テレビ」の番組作りは大問題だと思う。

募金の使い道

内訳について

「24時間テレビ」放送と同時に行われるのが「チャリティー募金」である。よく「内訳が公表されていない」と勘違いされがちだが、公式HP決算報告書が掲載されている。

その内訳は下記の通り(平成27年度

寄付金の使われ方は大きく「福祉」「環境」「災害復興」の3つに分けられる。また「チャリティー」委員会とはいえ公益の社団法人なので僅かながら役員報酬等の管理費も計上されている。

内訳を見て分かる通り殆どは「福祉支援」と「災害復興支援」に使われている。詳細な中身を確認してみよう。

細かく見てみると福祉支援の殆どは「福祉車両」に使われている。この「福祉車両」とはリフト付きのバス、スロープ付き自動車、訪問入浴車、電動車いす等を指す。これら福祉車両の贈呈は申込みを受けた後、自治体等の協力のもと公正かつ厳正な審査のもと贈呈されている。

災害復興」のお金の使われ方についても各被災地に物を支援したり、義援金を贈呈するなどの報告がされている。

「チャリティ」なのか?

上記の通り、決算報告を読む限り「募金は」公正な使われ方をしていると客観的に判断できる。しかし番組自体が「チャリティー」番組なのかは疑問がある。

巨額の「ギャラ」が発生

まず番組として切り離せないのが「ギャラ」の問題である。「24時間テレビ」はチャリティー番組だが出演者には普通にギャラが発生している。なおギャラはスポンサー収入から支払われるため、「募金」がギャラに使われているという陰謀論はお門違い。

事務所との付き合いもあり、人気芸能人を呼んで視聴率を稼ぐためには仕方ない部分もあるだろうが、真の意味で「チャリティー」番組を作るのであれば完全な「ノーギャラ」で出演をお願いするべきだと思う。

日テレが儲かる仕組み

また、大事なのはCMによるスポンサー収入は普通に日テレの懐に入るという点。

「24時間テレビ」は「チャリティー番組」のをかぶりつつ、普通に視聴率を稼ぎ、スポンサー収入を得ている只の「エンタメ番組」である。そしてチャリティー性を担っているのは募金活動をする視聴者である。

「チャリティー」という言葉が意味する「慈善」の精神が番組に存在すると考えるかは人次第だと思う。筆者は本当に「チャリティー」番組であるならば、番組制作費を除外したスポンサー収入も日テレから寄付するべきだと思う。現状日テレは何一つ損をしない仕組みで「チャリティー」を名乗っている。実におこがましい。

日テレの姿勢の変化に期待

以上のことから「チャリティー」の側面を視聴者が担いつつ、営利目的で作られた番組が「24時間テレビ」というのが筆者の見解である。

視聴者としては「ギャラ」の扱いや「スポンサー収入」について透明化した上で真の意味での「チャリティー」番組を期待したい。

障害者の番組内での扱いも「感動目的」ではなく、番組内で討論する場を設けたり、淡々と実状・課題を考える形に変更して欲しい。

昨今はSNSの普及により視聴者の目も肥えてきて、声も届きやすくなっていると思う。過去の安直な「感動方程式」では、現代の視聴者を騙すことは出来ない。来年以降は番組作りが改善されることに期待したい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)

コメント

  1. なすか112 より:

    批評家ごっこお疲れ様でした

  2. Taka Nao より:

    戯言にしか聞こえん

    • タコッケー タコッケー より:

      なすか112=Taka Nao様コメントありがとうございます。
      今後のためのアドバイスですが、サーバー管理者にはコメント者のIPアドレスとドメインは丸見えです。
      そのため名前を変えるだけの自作自演はすぐにバレます。
      また、IPアドレス検索からあなたの2chでの過去の発言や住んでる場所も概ね分かります。
      そしてネガキャン目的のコメントは結果的にサイト評価を上げる結果に繋がります。
      そもそも当サイトのコメント頻度に対して連投するのが早すぎます。間を空けた方が自然です。
      普段は短文でのネガティブなコメントは削除してるのですが、反面教師の材料として活用できそうなので残しておきます。
      コメントありがとうございました。