【DOAXVV】プレイ感想:DOAX3からゲーム性を排除した進化

昨日からサービスが開始された『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』(DOAX VV)をプレイした感想。

スポンサーリンク

どんなゲーム?

DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation(デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション)』は人気格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』シリーズに登場する女の子たちが南国でバカンスを楽しむ『DEAD OR ALIVE Xtreme』シリーズの最新作。今作では新キャラクターの「みさき」が登場する他に女の子の肌・表情を表現する「やわらかエンジン」も進化を遂げている。

対象プラットフォームはPCのみ、基本プレイは無料でアイテム課金制が採用されている。

プレイレポート

基本プレイは無料なので早速プレイしてみた。なおサービス運営しているのはDMMなのでプレイするにはDMMアカウントの登録と「DMM GAME PLAYER」のインストールが必要となる。

プレイを開始すると島の専属サポーター「みさき」が登場、同シリーズならではの画質・表現力の高さに期待が高まる。

続いてパートナー選択画面に入る。今作ではパートナーは原則的に2人までしか選ぶことが出来ない。そのため慎重に選ぶようにゲーム内でも繰り返し注意喚起される。

ちなみに選択画面のプロフ写真が怪しい店感溢れてて良い感じ。

その後は基本的なゲーム説明&チュートリアル。ゲームのメイン画面は上記のような感じでSDキャラ絵が可愛い。

DOAX3で苦行人気だったバレーボールは見てるだけの内容に変化。観戦中にスキル発動やタイムからのキャラ変更が可能なだけに進化を遂げている。

DOAXシリーズ恒例の撮影モードも搭載されている。マウス操作は非常に行いづらく、時間制限もあるのでお気に入りの1枚を撮るのは難しそう。

水着はガチャで入手する仕様。チュートリアル後に1回無料で引くことが出来る。SRが当たったので嬉しい。

良い点

ゲーム性が無い

今作をDOAXシリーズとして考えた時に最大の進化は「ゲーム性が無くなった」事だろう。本作の基本的なゲーム仕様はいわゆるベタなソーシャルゲームとなっており、マウスポチポチで全てのゲーム進行が行われる。メインとなるバレーボールの「フェス」も観戦するだけであり、完全スキップも可能。

これはDOAX3プレイ経験者には分かると思うが大幅な進化である。DOAX3は最高のグラフィックとキャラクター、シチュエーションを備えていたがゲーム性がクソ過ぎた。プレイヤーはオーナー業務に専念し、女の子がバカンスを満喫するためのサポートに徹する苦行を延々と繰り返す必要があった。

しかし本作ではバレーは観戦するだけである。監督としてふんぞり返ってバレー試合を観戦するだけでゲームが進行する。DOAX3でバレー・各種ミニゲームが楽しいのは最初の5分だけであり、後は苦行でしかない。それが無くなっただけでも本作は価値あるゲームだと言えよう。

可愛い&お触り

登場する人気キャラクターもそのままでゲーム内のシーンも殆どDOAX3からの流用となっている。大きな違いは新キャラクターの「みさき」だけだろう。だが本作の女性キャラクターの魅力は折り紙付きなので移植しただけでも十分可愛い。DOAシリーズをやり込んだ人はPCのハイスペックで彼女たちにまた会えるだけで嬉しいと思う。

また、本作では「お触り」が解禁されている。特定の部位をクリックすると恥じらう挙動をするように進化を遂げている。DOAX3ではVR対応したにも関わらず「おさわり」を実装すると販売できなくなるため未実装のままだった。本作はPC販売、DMM配信という利点を活かしてチャレンジした内容となっている。是非このままVR対応もして欲しいところ。

イベントの実施

本作は基本プレイ無料なのでサービスが継続する限り定期的にイベントや新水着が実装され続ける。DOAX3の追加水着は第22弾の配信をもって終了したことが公式でアナウンスされている。今後もサービスが継続する限り新しいイベントが実施されるのはプレイヤーには嬉しい限りである。(必要な課金額にもよるが)

また、本作で地味に嬉しかったのがリアルタイム連動したホーム画面。夜にプレイするとナイトプールの状態で女の子を見ることが出来る。本来の季節は冬だがその辺は南国だから大丈夫なんだろう。

スポンサーリンク

改善点

レア排出率

本作をソーシャルゲームとして考えた時に最大の問題点はSSRの排出率の低さだろう。本作でガチャ排出される水着はR、SR、SSRの3種類が存在するが最高ランクのSSRの排出率は1%。更にこのSSRの水着はキャラ固有で分かれているため、推しキャラのSSR水着の排出率は脅威の0.1%となっている。もはや取らせるつもり無いだろこれ。

本作はソーシャルゲームなのでレアリティの高い水着ほど当然強い仕様となっており、上位ランクをクリアするには高ランクの水着が必要となる。現状の排出率ではBランクあたりで躓くと思う。ガチャ1回は500円だし後半になるほどきつい仕様。

キャラ解放仕様

前述した通り本作で最初に選べるキャラクターは2人だけである。3人目以降を開放するにはそのキャラのSSR水着をガチャで当てるしかない。しかしその確率は0.1%なので普通に無理。もう一つの方法は各キャラ固有のSR水着を下取りに出すことで得られる「ヴィーナスコイン」を使って各キャラの「エントリーシート」を購入する方法である。この方法の場合、SR水着1着につき20コインを得ることが出来てエントリーシート購入には1000コインが必要。つまりSR水着50着下取り=固有キャラ入手というえげつない仕様となっている。

SR水着自体の排出率が1%なので上記の方法もまず無理である。つまり2キャラ以上を無課金入手することは実質不可能だと言える。これだったらDMMのアカウントを複数用意した方が遥かに良い。せっかくキャラ魅力の高いゲームなのにその魅力を活かせないこの仕様は残念過ぎる。

やることが無い

本作はスタミナ制のソーシャルゲームなのでスタミナが尽きたらやることが無い。本来であれば撮影モードがそれを補う役割だと思うのだが、本作の撮影モードはポーズ、撮影場所等を変更できずDOAX3以下の仕様である。これだったらDOAX3をVRでやった方が100倍楽しい。というか周回必須の残念なゲーム性を除けば全体的にDOAX3の方が楽しめる。本作を機に本編を買う人も多いと思う。

感想

基本プレイ無料のソーシャルゲームとして考えると間違いなく最高クオリティのゲームだと思う。ただ、現状は用意されている水着も残念でイベントも実施されていない。とりあえずはインストール・ログインだけして様子見で良い気がする。

今後のイベント実施やゲームモードの追加・撮影モードの改善等で人気な作品になるポテンシャルは持っている。アップデートに期待したい。

11/22 詳細な攻略をまとめました

無課金攻略中の『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』(DOAX VV)だが、オーナーレベル16にしてSラ...
スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)

コメント

  1. 匿名 より:

    エントリーシートの下り、SR水着1着につき50コインではなく20コインの間違いでは

  2. 匿名 より:

    三日やったけど面白い
    後はこの先の運営次第

    • タコッケー タコッケー より:

      コメントありがとうございます。
      良い水着出て攻略進められれば十分作業ゲーとして楽しめますよね。
      逆にSR止まりの人はBランクあたりで止まってしまってゲンナリしてクソゲー扱いなのかもしれません。
      運営には本当に頑張ってもらいたいです。
      コメントありがとうございました。

  3. G より:

    >2キャラ以上を無課金入手することは実質不可能だと言える

    SSR確率と課金えげつないと強調されてますが、私はほぼ無課金で1ヵ月くらい(平日1時間~1時間半)でSSR獲得で5人増えました。(別の用途で余ってたWebmoney数百円使用しただけ)
    イベントでストーン5000溜めてから10連ガチャ(大きなイベなら期間内で3回はできる)でやってますが、言うほど厳しくはないかと。

    始めてからランク駆け上がってる間は試合するのとS評価取るだけでストーン入りますね。(Sランクまで行っちゃうと収入のアテが少なくなるので厳しくなりますが)
    要するに無課金でもキャラ増やせるし十分楽しめます。

    • タコッケー タコッケー より:

      G様コメントありがとうございます。
      この記事は配信開始間もない時期なので情報が古いです。申し訳ございません。
      ご指摘の通りで現在は筆者も無課金ながら3キャラを入手、レッスン開放できています。
      リリース間もない時期はリセマラ出来ないにも関わらず、他のソーシャルゲームに比べてVストーン配付が厳しかった実状がありました。
      そのためSSRが出ずにリタイアした人も多かったと記憶しています。
      その後、不具合に対するお詫びや配付頻度も増えたため改善された感じです。

      無課金でも十分楽しめるとの主張もご指摘の通りです。
      現在は無課金でも楽しめると思います。
      詳細なコメントありがとうございました。