「コボルトと秘宝の迷宮」感想:カードゲーム史上最高に楽しいRPG

先週12月8日から配信が開始されたハースストーンの新拡張『コボルトと秘宝の迷宮』のアドベンチャーモードがむちゃくちゃ面白いのでレビュー。

スポンサーリンク

新拡張について

コボルトと秘宝の迷宮』は世界一プレイ人口が多いデジタルカードゲーム『ハースストーン』の最新拡張。新カードが手に入るカードパックの他にシングルプレイ用のアドベンチャーモードが追加されている。このアドベンチャーモードがカードゲーム史上最も面白いと言っても過言ではない素晴らしい出来。これを無料で楽しめる。

良い点

カードゲーム×ローグライク

『コボルトと秘宝の迷宮』は「RPG風のゲーム体験」の提供する拡張セットとなっており、アドベンチャーモードは「ローグライク」の楽しさが存分に詰め込まれた内容となっている。プレイヤーは最初に9人のリーダーから1人を選択、構築済みデッキで挑戦を始めるのだが、ダンジョンのボスを倒す度に新しいカードや秘宝を入手しレベルアップ感覚でプレイヤーのHPが上昇していく。

ダンジョンを進み探索を進めるほどに新しいアイテムが見つかるワクワク感、相対するボスや入手カードのランダム性、死亡時は最初からという緊張感など「ローグライク」の良さが全部カードゲームの形で落とし込まれているのは見事という他無い。プレイする度に全く新しいゲーム体験を味わうことが出来、何度でも遊ぶことが出来る。

無料でプレイ可能

本作のアドベンチャーモードは今までのような「追加購入」する形式ではなく、完全に無料で提供されている。また、本アドベンチャーは構築済みデッキで挑戦する形のため、クリアのために「強いカードを用意する(パック購入する)」必要が無い。初心者はゲームプレイのコツを覚えることが出来て、新拡張の特徴も分かる完璧な導入となっている。これを無料で何度でも遊べるのは太っ腹過ぎて心配になる。

新カードを存分に試せる

構築済みデッキで挑戦する形は無課金プレイヤーには非常に優しい。カード資産を自分で用意せずに新カードを好きなだけ試すことが出来る。アドベンチャーで気に入ったカードがあれば、パック購入しても良いしクラフトしてもOK。全9ヒーローを何回でもプレイできるのは一つのゲームとして素晴らしい。

感想

新カード環境ばかり気になっていたが無料で遊べる「ダンジョン攻略」もまた素晴らしい出来だった。カードゲームとしては革命的なゲームシステムであり、今後もこの方式の採用を期待したい。ブリザード自身も「素晴らしく面白い出来に仕上がっている」と語っており、プレイヤーの反応次第では次回以降も同じ方式が採用されるかもしれない。

『ハースストーン』未プレイ者は今回の新拡張を機に是非プレイしてみて欲しい。今なら無料で6パックが入手可能だったり、レジェンド武器もランダム入手出来る。興味を持った方やカードゲーム、ローグライク好きな方は是非チェックしてみて欲しい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)