『ポケモンマスターズ』感想:ガワを変えただけの糞ソシャゲ

配信が開始された『ポケモンマスターズ』を初日プレイした感想。

スポンサーリンク

どんなゲーム?

『ポケモンマスターズ』は株式会社ポケモンとDeNAが共同開発したスマホ向けゲーム。歴代ポケモンシリーズに登場したトレーナーが勢揃いし、人工島パシオを舞台に冒険が繰り広げられる。

基本プレイ無料でiOS, Android向けに配信中。

特徴

本作を初日プレイして分かった特徴を伝えてみる。

アニメーション

プレイしてまず目を引くのがスマホ向けとしては最上級のアニメーション演出。戦闘中に「バディーズわざ」を発動すると各キャラ固有の戦闘アニメーションが発生、リーダーもポケモンもヌルヌル動いて気持ち良い。声優もイメージにピッタリでキャラゲームとしての力の入れ具合は本家を超える勢い。『ポケモン』の登場人物が好きなファン層はこの演出を見るキャラ愛のためにプレイする価値がある。

ガチャ要素

本作は基本プレイ無料の従量課金型ソシャゲなのでガチャ要素が存在する。同じくDeNA開発だった『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は当初ガチャ要素なしで配信開始されたが、ポケマスの課金圧は強い。押しの☆5キャラを引くには1.4%を狙う必要があり、重複でスキルレベルが上昇。要するに宝具レベルで後々攻略難易度を上げつつ強キャラ追加していく流れが目に見えている。ガチプレイするには課金が必要になる典型的なターン。

残念な点

配信開始初日とあって勢いを感じる『ポケマス』だがゲームとしては糞つまらない。ゲームシステムは典型的なソシャゲで目新しい要素は一切無く、戦闘は作業感の塊。『ポケモン』でなければ見向きもされない酷い内容と言える。特に原作プレイ勢にとって疑問なのが下記の点。

  • タイプ相性を軽視(複合タイプなし&弱点1種類)
  • 特性なし
  • リアルタイムバトル(ゲージ技)
  • チーム戦だが1体でゴリ押し可
  • ポケモンゲット不可
  • 交換なし
  • ゲットできるのはトレーナー(ガチャ)

これら仕様は『ポケモン』シリーズの魅力を削いでいるように思えてならない。同じスマホゲーでも『ポケモンGO』はポケモンを「集める」「交換する」と言った初代ポケモンに通ずる楽しさを感じられる作品で、AR・GPSを用いた仕組みも新たな遊びの提案になり得ていた。しかし『ポケマス』は極端な話『ポケモン』シリーズである必然性が全く無い。適当なソシャゲの仕組みだけ丸パクリしてガワをポケモンにしただけ。肝心のリアルタイムバトルも戦略性は低いため繰り返しプレイして上達する類のものではない。そのため今後のイベント実施時のクリア可否はガチャの確率設定とパラメータ調整次第で主導権は完全に運営側にある。これを楽しめるのは普段コンシューマゲームをプレイしない方くらいだろう。

感想

『ポケモン』シリーズ歴代キャラが登場する触れ込みに期待していたが、蓋を開けてみると典型的なソシャゲでひたすら残念。戦闘テンポも悪く、倍速オートでプレイしてもAIが馬鹿なので無駄に時間が掛かる。これならリザルトのみ見せてくれた方が良いし、リアルタイムのバトル仕様が足を引っ張っている形だ。

正直『ポケモン』をスマホ展開するなら『テリワンSP』の方向性で初代リメイクを配信したほうが100倍盛り上がったのでは?原作システムをそのままMMO化するだけで神ゲーになるのに拒む理由が分からない。

今後はスマホ向けに『マリオカート ツアー』の配信も予定されているが、そちらも同様にソシャゲ化が激しいという噂。対戦要素ありでP2W仕様は作品の寿命を縮めるだけだが大丈夫だろうか。任天堂の古川社長は就任後「スマホ向け事業を収益の柱に」とインタビューでも述べており、スマホ向けIP展開は今後も続くはず。しかし、肝心の中身が丸パクリでは似たゲーム内容に消費者も飽き飽きしている。『オートチェス』のようにゲーム性そのものが楽しい作品こそ求められていると思うのだが、岩田社長も草葉の陰で泣いているぞ。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)

コメント

  1. アバター パチ より:

    任天堂はマリオやゼルダ等、据え置きでしっかりとした土台を作って来ていただけに、
    ソシャゲー、ブラウザゲーという新時代の土台における持ち味の構築には難航しているのかもしれませんね。
    9月には夢みる島も出ますし、今ある強みをじっくり保持していって貰いたいものですね

    • タコッケー タコッケー より:

      パチ様、コメントありがとうございます。
      任天堂よりもタッグを組んだDeNAの拝金主義が問題だと思います。
      目指すべきはFF14やフォトナ、LoLにポケモンGOのような圧倒的な「プレイヤー数」を軸としたビジネスモデルで「収益の柱」になるには母数が必須条件です。
      にも関わらずリリースされるのはガチャ確率やバランス調整、射幸心を煽ることを主軸とした典型的なソシャゲな状況。
      手っ取り早いのはAppleとタッグを組んで自社スマホリリースしてMMOオープンワールド化した本気のポケモン出せば良いんですよ。
      次回作のBotWはオンラインマルチ対応でしょうが、それもスマホでクラウドプレイ出来るほど未来に生きれば活路はあります。
      次世代機戦争に勝ち残るためには子供も安心して遊べる「モバイル」こそ重要なのでリスクを取って勝負して欲しい。
      ありがとうございました。

  2. アバター 匿名 より:

    戦闘がタップしてるだけだからサクサク進めちゃうwww