【ポケモンGO】シンオウ地方が追加!2つの変更・調整内容を解説

『ポケモンGO』でシンオウ地方のポケモン登場が予告された。追加されるポケモンの詳細、ゲームに加えられる変更点について解説してみる。

スポンサーリンク

概要

今回、公式ブログにて発表されたのは「シンオウ地方のポケモン追加」及び「ゲームバランスの重要な変更」。新ポケモン実装日は不明、バランス変更は今後数週間に渡っての実施が予告されている。

シンオウ地方

『ポケットモンスター』シリーズ第4世代(ダイヤモンド・パール・プラチナ)にあたるシンオウ地方のポケモン追加は7月13日時点での2周年記念アートから予想されていた。御三家には「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」伝説枠に「ディアルガ」「パルキア」「ギラティナ」を始めとしたシリーズ屈指の人気ポケモン達が登場する。

また、既存ポケモンの進化枠として予想されるポケモンは下記の通り。今のうちに飴を集めておいたり進化用の性別を用意しておこう。

  • ロゼリア(ロズレイド)
  • エイパム(エテボース)
  • ムウマ(ムウマージ)
  • ヤミカラス(ドンカラス)
  • ニューラ(マニューラ)
  • コイル(ジバコイル)
  • ベロリンガ(ベロベルト)
  • モンジャラ(モジャンボ)
  • エレブー(エレキブル)
  • ブーバー(ブーバーン)
  • トゲピー(トゲキッス)
  • ヤンヤンマ(メガヤンマ)
  • イーブイ(リーフィア・グレイシア)
  • グライガー(グライオン)
  • ウリムー(マンムー)
  • ポリゴン(ポリゴンZ)
  • ラルトス(エルレイド)
  • ノズパス(ダイノーズ)
  • ヨマワル(ヨノワール)
  • ユキワラシ(ユキメノコ)

変更点

公式によって告知された「2つの重要な変更」だが海外公式では既に詳細が発表されている。下記に原文を載せておく。

Changes to Pokémon Migration and BehaviorAs you explore the world of Pokémon GO, the following changes will affect the Pokémon that appear around you:

  • Moving forward, the weather feature will have a reduced effect on the rate at which Pokémon appear.
  • As you explore a given area, you will notice that a greater variety of Pokémon species will appear over time and at different rates.
  • Certain areas, such as parks and nature reserves, will now contain more varied Pokémon species.

Changes to Pokémon Effectiveness in BattleThe in-game battle mechanics are being rebalanced. You may notice some of the following changes in the coming weeks:

  • CP values will be adjusted going forward to improve game balance.
  • HP values will be adjusted to close the gap between Pokémon with high and low HP.
  • Pokémon Defense and Stamina values will be rebalanced, allowing Pokémon with high defensive stats to be valuable by outlasting opponents in battle rather than these Pokémon merely taking too long to defeat.
  • Defense values have also been slightly reduced for most Pokémon. Changes like these will help narrow the gap between Pokémon with the highest defensive stats and other Pokémon.

ポケモンの出現率調整

1つ目の大きな変更がポケモンの出現仕様。原文を解釈すると下記の通り。

  1. 天候ブーストによる出現率上昇を下方修正
  2. 特定エリア探索時、時間経過で出現率が変化
  3. 公園には様々なポケモンが出現

1は現状天候ブーストによる偏りが見られる出現率に対する下方修正。2は同じ地域でも時間経過で様々な種類のポケモンが捕まえられるように出現率を調整。3も同様で水場で水ポケモンばかり・巣での偏りー等を防ぐ対応だと思われる。

第4世代が追加されることでポケモンの総数が増加し、結果として様々な種類のポケモンを入手しづらくなるケースへの対応が主だと思われる。現在の出現仕様の偏りを調整することで定期的に新しいポケモンに出会える環境を用意したいのだろう。

バトル仕様の調整

2つ目の大きな変更が(ジム)バトルにおけるポケモンの有効性。原文を解釈すると下記の通り。

  1. CP値の調整(バランス改善)
  2. HP値の調整(平滑化)
  3. HP値・防御値の調整(バランス調整)
  4. 防御値の調整(僅かに減少)

1のCP値調整は全体のゲームバランス考えた上での調整を指すのだろう。特定ポケモンが強くなり過ぎず・弱くなり過ぎない形で改善を試みるはず。2は「ハピナス」「ラッキー」に代表される高すぎるHPを高低差を埋める形で調整する。3も似た内容でHP・防御の値は単に「ジムバトルの時間稼ぎ」だけでなく有効活用可能とするための調整。4も2と目的は同じで防御力の差を埋める形で全体的にわずかに減少。

現状のジム防衛で「ハピナス」「ラッキー」がデフォルトな状況を改善したい思惑が垣間見える。ポケモンが増えて多様なポケモンを使ってもらうため、CPのみでなくバトルの肝となるHP・防御力にようやくメスを入れた形だ。どのジムも似た構成にしかならない現状が改善されることを祈りたい。

追加時期は?

気になる新ポケモンがいつ追加されるかだが、過去のホウエン地方追加時のスケジュール(12/6 告知→12/9 実装)から考えて今週末(10/13)に追加されるケースも考えられる。しかし、10/15まではエスパーウィークが開催中。週末に合わせて盛り上がる形で実装するとなると10/20にずれ込む形だ。

最も有り得そうなのはハロウィンイベント(10/20~?)に合わせてゴーストタイプを先行実装し、その後順次追加していく流れ。レイドでロトムが出ることになれば大いに盛り上がるだろう。

感想

久しぶりとなる新ポケモン追加。ダイパは伝説枠も多く人気が高いので嬉しい。バランス調整も見た限りでは問題点が改善される内容で期待している。ジムバトルでも多様な種類のポケモンと戦えるようになって欲しい。

まずはハロウィンイベント待機で「ムウマージ」「ヨノワール」を確保。その後、追加されたシンオウ勢をゆっくり揃えていこうと思う。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)