【2周年】累計1000万PV突破しました:2019年の抱負とか

あけましておめでとうございます。ブログ開設から2年が経過したので振り返り&雑記記事。

スポンサーリンク

累計1200万PV

2016年12月末にブログを開設してから早2年。2019年1月1日時点で累計1225万PVを達成しました。完全個人運営のゲームブログとしては良いペースだと思います。今後も精進します。

2018年振り返り

人気記事

2018年にPV数が大幅増した要因は『モンスターハンター:ワールド』の発売。昔ながらのゲーム性で分かりづらかった「肉の塊」「痕跡集め」等の攻略記事を国内最速でまとめたことで月間180万PVを記録。上位10記事中6記事はモンハン関連の記事となっており、社会現象級のタイトルの強さを感じる。

また、発売から5年近くが経過し寿命が近づいている本体が多い「PS4初期型修理法」記事や実写化の問題点を上映初日・初回上映で観に行って午前中に記事としてまとめた「鋼の錬金術師クソ」記事も2017年投稿にもかかわらず根強い人気をキープ。恋愛ショッキングホラーとして話題となった『Doki Doki Literature Club!』(DDLC)の小ネタ紹介記事も3位でランクイン。英語版でリリース直後からプレイし小ネタをまとめた行動の速さが功を奏した。

炎上記事

2018年はニュースやトレンドをまとめた雑記記事も数多く投稿。大量の炎上記事も生まれた。

スマホ向けアプリ「けものフレンズぱびりおん」が配信開始されたので感想。 どんなゲーム? 「けものフレンズぱびりおん」は人気アニメ...

過去最高の炎上度を誇ったのは「けものフレンズぱびりおん」の感想記事。劣化版『ねこあつめ』と題した煽り記事にファンが過剰反応して収集が付かなくなりコメント欄を封鎖する自体に追い込まれた。コメントの割にPVは伸びなかったので非常に勿体無い。普段ゲームをプレイしない層が反論していた印象が強い。ここにコメントしてた連中で未だに「ぱびりおん」やってる輩居ないだろ。

7月29日に発売したドラゴンクエストシリーズ最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(DQ11)の機種比較記事。 PS4版と3...

同様に煽りタイトルで反響が大きかったのがサッカーW杯ベルギー戦やドラクエ3DS版比較記事。基本的に「異なる意見を持つ自分」を守るためのコメント投稿が多く、客観的な分析をした上で冷静に意見を述べているのは全体の1%。本当に意見を発したいのであれば自分のブログやSNS上で投稿するべき。

省エネ運営

結果的に2018年は記事の乱発→隔週投稿を繰り返す形となった。私生活での変化も大きな理由だが最大要因はアクセス数(収入)の乱高下。ブログ記事は性質上、一部の記事が人気を博して極端なPV数を記録することが少なくない。目標月収を達成すれば無理して記事投稿しないスタンスだったため人気記事を一つ投稿→しばらく休むという形を繰り返した。12月もスマブラの一部記事が極端な収益を生み出している。

アプリ開発中止

2017年にリリースした『タップファンタジー』更新を含むアプリ開発を凍結。理由は「ストレス」と収益性の見通しの悪さ。処女作としては十分過ぎる収益を生み出した同作だが開発には半年を要し、終わらないバグ修正や技術的問題解決に精神を摩耗。会社を辞める前のような不安に包まれる日々が続き、継続しても幸せになれそうになかった。ゲーム・アプリ開発はやはりチームで取り組むものだと再実感。具体的な指摘もなしに「規約違反」として唐突に広告停止・アプリ削除される等、開発環境も個人開発者に優しいとは言えない。

2019年の抱負

私事だが妻が年内の出産を予定しており、今年は日記・エッセイ形式の「子育てブログ」を開設する予定。それに伴い私生活全体が忙しくなりそうなのでブログ運営、ゲームプレイ・攻略含めて「全力」で楽しむ所存だ。アクセスが稼げそうなトレンド記事投稿は継続しつつベースは「ゲーム」とする姿勢は崩さないつもり。現状はPV数も着実に伸びており、記事の質・打率も向上している。突然アドセンス停止されない限りは生き残れそう。読者の皆様には今後も温かく見守って頂きたい。

今年もよろしくお願い致します。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    おめでとうございます