【Switch】『テトリス99』感想:初心者も楽しめるバトロワ系

「Nintendo Direct 2019.2.14」放送直後から配信開始されたオンライン対戦ゲーム『TETRIS 99』をプレイした感想。

スポンサーリンク

どんなゲーム?

『TETRIS 99』はお馴染みのパズルゲーム「テトリス」で対戦するオンライン対戦ゲーム。特徴的なのは対戦人数で同時に99人が対戦可能。昨今ブームのバトルロイヤル方式で99人の頂点「テト1」を目指してブロックを消し続ける。開発はテトリスシリーズではお馴染みのアリカ

「Nintendo Switch Online」加入者限定特典として無料配信中。

魅力

配信開始直後からプレイして分かった本作の魅力を伝えてみる。

99人対戦のライブ感

本作は公式で「バトルロイヤル」ジャンルと呼称しているがプレイすると単なるブームに載った「自称バトロワ」でない事がよく分かる。ゲーム画面には自分以外の98人のプレイ画面が隙間なく表示され残り人数は刻一刻と変化、攻防の応酬など多人数でオンライン対戦している「ライブ感」が非常に強い。急に多人数からターゲットにされた時には自ずとアドレナリンが出まくるし、ラス2に残った時には緊張で手が震えてくる。単純に約100人で「テトリス」を遊べること自体が本作最大の魅力と言えよう。

初心者も安心

一般的にパズルゲームというジャンルは初心者~中級者の実力差が大きく、上達するまで対戦を楽しめない敷居の高さが課題なのだが『テトリス99』は初心者も安心して楽しめる。99人対戦なので多人数から集中攻撃されるイメージも強いが、実際の攻撃対象は序盤は分散しておりテトリミノを積み上げ過ぎなければ1対1よりも楽ちん。普通にブロックを消す能力さえあれば50位までは難なく残ることが出来る。

実際に筆者は「Tスピン」さえ扱えない初心者だが3戦目にして2位に到達することが出来た。左スティック・右スティックで指定可能な攻撃対象さえ間違えなければ誰でも上位を目指すことが可能だ。無料で遊べる点や99人中の1人という気軽さ、順位という目に見える強さの指標などパズルゲームが抱える多くの課題を『テトリス99』は解決している。

対戦の奥深さ

対戦ルールはシンプルで「誰を攻撃するか」を指定するだけ。相手をKOするたびにバッジを入手できて所持するバッジ数に応じて自身の攻撃力が増える。攻撃相手の指定方法は左スティックで手動選択のほか下記の作戦設定で自動選択可能。

  • ランダム
    • 攻撃対象をランダムに選択
  • カウンター
    • 自分を狙う相手全員を同時攻撃
  • バッジねらい
    • バッジを多く持つ相手を攻撃
  • とどめうち
    • KOできそうな相手を攻撃

リスクを取ってバッジを取りに行くか生き残りを優先するか作戦選択がゲームの肝だと思う。初心者のうちは下手に自分が狙われないように「ランダム」のまま戦えば良いはず。集中攻撃されそうなタイミングだけ「カウンター」に変更して相手を牽制するのも良いだろう。

感想

内容的にアイデアありきのゲームに思えるが実際にやってみると攻撃対象の選択、バッジによる攻撃倍率変化など奥は深い。99中〇〇位~と初心者でも十分楽しめることも今までのパズルゲームに無い魅力だと思う。課題はオンラインゲームとしてのボリューム感。現状は「TETRIS 99」のルールしか存在せず繰り返しのプレイで上昇するRankに応じた報酬もアイコン以外は特に無し。

フレンドと4人協力で遊べるスクワッドモードの実装や『フォートナイト』のように「50vs50」のような多人数戦も用意してくれれば大きく盛り上がるはず。基盤となるゲーム部分は流石のアリカ開発で素晴らしいので今後のルール追加・イベント実施に期待したい。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)