2018箱根駅伝1区にアンパンマン号が!→整備不良で警察に捕まる

正月の風物詩とも言える「第94回箱根駅伝」が7:50から生中継されている。そんな中テレビに映り込んだ「アンパンマン号」がネット上で大きな話題となっている。

スポンサーリンク

概要

事件が起きたのは激戦の第1区終盤の17km付近。テレビ画面に突如として「アンパンマン号」を模した車両が映り込み視聴者を困惑させた。目立ちまくり視聴者全員が注目する絵面となっているが、解説は同局が放送する『それいけ!アンパンマン』に登場する車両にも関わらず全く触れようとしない。駅伝に関連する事柄以外には触れないように良く教育されている。

SNSの反応

突然の「アンパンマン号」登場に対するTwitterでの反応は下記の通り。

その後警察に捕まる

我々に笑いを提供してくれた「アンパンマン号」だが見ての通りナンバープレートをフロントガラス部分に置いている。その後、神奈川県警に整備不良の違法車両として捕まったらしい。

感想

動画を見るとパッシングもしているし、時間調整の上で狙ってテレビに写りに行ったことは間違いない。整備不良でしょっぴかれるのも覚悟の上だろう。

例年は「フリーザ様」の登場も話題になる箱根駅伝。今後は同様の改造車両や痛車の登場も大きな注目ポイントになるのだろうか。箱根駅伝の今後に注目したい。


関連記事

本日12月18日から運行が開始された山手線の「箱根駅伝PR電車」。箱根駅伝をPRする期間限定の車両となっているので早速乗ってみた感想と確実に...
スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
レクダングル(大)